FC2ブログ

DIARY

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > それから

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.05.06 Sun それから

曲のでき方にも色々あって、未完成のまま温め続けている曲もあればものの五分で口ずさんでハイ出来上がりというものもある。後者の場合日記のようなものだ。その日その時の気持ちを吐き出したかったり、記録しておきたかったりという思いからスルリと作曲を行う。概して、中身に大したこだわりは無かったりする。人に聞かせるよりもまず自分のための行為だからだ。たいてい、何かしながら作る。
今度の曲は、名古屋から今住んでいる大高までの普通電車の中、電車を降りたホーム、駅から家へ向かう道などで口ずさんだり、頭の中で歌いながら作った。こちらに越してきたその時だ。
久しぶりに日記としての曲ということで「5月4日」というタイトルにしようかと思ったけど、途中から少し、ただの日記のようにはしたくなくなってきて、あと最後になって「それから」というタイトルが落ちてきたのでそれにしようと思う。まぁちょうど夏目漱石の「それから」を読んだのでそれからパクったのですが…。


---『それから』---

寝ぼけたまま鈴を鳴らし
降り立った小さな駅

今日から君だけが友達
会いたい あの子に

不器用なりにまめな僕だから
ちゃっかりこの町を愛すかも
君が思うほど僕は正直者じゃないのさ

明日の朝 息を止めて
隣を見て 目を瞑って
また開いて 立ち上がって
カーテンを開けて
それから

------------

最初に書いた歌詞から、余りにも個人的な部分は少し変えた。けど、一番拙い部分は変えられなかった。
昨日の夜遅く、近所の河原に行って小さな声で歌ってみた。きっとそのうちにいつか、歌わなくなる曲かもしれないと思った。だけど今の僕を支えてくれる。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。