DIARY

Home > 未分類 > ホワイトタイガー

2017.10.17 Tue ホワイトタイガー

午後の漁港は静か
アサギマダラが酔ったようにミルクの空を転がった

やがて 汽車がトンネルの手前で警笛を鳴らすように
夜の手前 町はサイレンを鳴らした

新世界より ドヴォルザーク
なぜだかふと 意味もなく思い出したのはホワイトタイガー

あの遊園地にいたホワイトタイガー
どこ行っちゃったのかな

ホワイトタイガー 僕も父親になった
みんなと違う色をしていたこと
知っていても いなくても
君はたぶんひたすらに君だったんだな
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可