FC2ブログ

DIARY

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > アヒルの夜 第二話

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.02.19 Sun アヒルの夜 第二話

チャカにビビり過ぎて、森田はレジで普通に百五十万の札束を合皮っぽい銭入れのトレイに載せてしまった。ともあれチャカは手に入れた。手に入れたはよいが、これからこれで何をするのかはまだ山口から聞かされていなかった。いやチャカやねんから誰か殺すんでしょうけど。ひょっとしたら殺さずに、脚とかに一つ穴開けて懲らしめるだけとかかな?ひょっとしたらこのチャカを誰かにまた渡すだけの、物流を撹乱する一ピースなだけかな?殺しは無理やしダメ。ダメ無理絶対。こちらが死ぬ覚悟もないのに、命のやり取りはできません。殺しは、殺しはアカンで。そんなことしたら、お天道様に顔向けでけへん。お天道様に顔向けでけへん。
その夜、森田は再び山口の家を訪れた。

「取ってきた。これやな、成功や。確かに、お渡しします」
森田は噛みしめるように言い、山口の前にチャカを置いた。
「いやでかいヤマやったな!」
森田は明るくそう言ったが山口が喰い気味で切り返した。
「次はそれ使ってもらいますよ」
来た。腰の辺りで骨の陰に隠れていた震えが背骨から一気に駆け上って来た。音が鳴るほどに森田は全身で震えた。
「お断りします」
森田は蚊にギリギリ聞こえるぐらいの声で言った。もちろん山口には聞こえない。だが森田が断りたがっていることが震えの振動か何かから伝わったのかは定かではないが、いつのまにか山口の手中に収まったチャカのお口がこっちを向いている。
「殺ります。お天道様に誓って」
森田は言った。襟足を梳いたせいか首筋が異様に寒い。命のやり取りは既に始まっているのだ。ノルアドレナリンの大放出を感じる。目尻に涙が溜まってきた。森田は続けて言った。
「良い考えがある。お金を先にください」
金もらって逃げたる。と森田は考えていた。アメリカや、アメリカに逃げたる。
「ダメです」
山口が風邪引くぐらい冷たく言った。森田はすごい黙った。すごい黙った後雰囲気変えようと思って喋った。
「ていうか話変わるし雰囲気も変えるけど、ちょうど食事中に来てしまって悪かったけど、今日も北京ダックなん?また良いアヒルが手に入ったの?」
山口が北京ダックを盛大に吐き出した。白髪葱が森田の白髪頭に不時着した。山口は激しくむせ返し、やがてサメザメと泣き始めた。
「北京ダックぐらいしか、もう私には食べられるものがないんですよ…」
唐突男・山口の身の上話が始まった。

『願掛け』という行為をご存知だろうか。神や仏に願い事をすることだが、己の本気度合いを神仏に示すために、願いが叶うまで大好物を断食するという風習が古くからあったりする。
山口が中学生の頃、母親が大病を患った。ある晩、父親が山口に語りかけた。母さんはもう駄目かもしれないと。だけど父さんはあきらめたくない。母さんを失いたくないのだ。母さんの病気が治るなら、父さんはなんだってする。いいか、健。父さんは今日から大好物のブリを絶つ。いいんだ。父さん、母さんが治るなら、ブリを食べられないことなんて屁でもない。いいか、健。父さんの願いの力を、よく見てなさい。
父親の話は山口に衝撃を与えた。新しい発想だと感じた。僕も、母さんのためにできることはないだろうか。
しかし父親の願いも虚しく、母親は少しずつ衰弱していった。父親がブリ断ちしてから一ヶ月ほど経った夜、父親は山口に切り出した。一方で、山口の決意も固まっていた。
「健、一人では叶わない願いも、二人で願えば叶うことがある」
「父さん、僕も願を掛ける。僕は大好物の、ラーメンを絶つよ」
信じられないことに、翌日から母親の病状は快方へ向かった。山口はとても嬉しかった。母さんが治るなら、ラーメンを絶つぐらいなんてことはない。学校帰りによく寄っていたラーメン屋の前は、通らないようになった。時々、どうしようもなくラーメンが食べたくなるときがあったが、爪を噛み山口は耐えたのだった。

一年後。母親もだいぶ良くなったある日、山口が学校から帰ると父親がインスタントラーメンを啜っていた。
「おぉ健、おかえり。ひと口いるか?」
軽いノリで父親は聞いた。
山口が生唾を飲み込む「ごくり」という音が居間に響き渡った。その音で山口のラーメン断ちを思い出した父親から無音の(しまった)が放たれて気まずい部屋の中に浮遊した。数秒の沈黙の後、山口が言った。
「じゃあひと口!」
母親の回復基調は揺るぎないように思えた。ひと口ぐらい、バチは当たらない、当たるはずないよ。これで何もなかったら、そろそろラーメン断ちは終わりにしよう。大丈夫、大丈夫、大丈夫…
「ズズッ、うまっ!…うっ、うっ…」
不覚にも山口は泣いた。久しぶりの「好きやねん」があまりにも美味かったのと、母親の回復を喜ぶ気持ちと少しの背徳感が混ぜこぜになって、感情が溢れたのだった。
「健…健美味いか。ははは、泣くことはないだろう…さ、もうひと口」
父親の目にも涙が溜まっている。
「いらん!もういらない」
そう言って山口は自分の部屋へ駆け込んだ。日常が、ラーメンが帰ってくる。元気な母親とともに。
その夜だった。母親の容体が急変した。山口は愕然とした。尻軽にもラーメンを食べてしまった自分の浅はかさを呪いながら、病院に向かう救急車の中で山口は叫んだ。
「僕が悪いんだ!もう二度とラーメンは食べません!大好きなカレーもやめます!だから神様、母さんを助けて!」
父親が山口に続いた。
「父さんもだ!ブリだけじゃない。大好きなカマスもやめる。もう食べない!」
カマス?疑問符が光の速さで山口の脳裏を駆け抜けて消えた。救急車は夜の帳を割いて病院へと走った。
幸いにも母親は一命を取り留めた。翌日、母親の存命を神的な対象に感謝しながら、改めて山口は誓った。僕はもう二度とラーメンは食べない。ラーメンの次に大好きなカレーも食べない。それで母さんが救われるなら、何も惜しいものなどない。
その日から、山口の地獄の日々が始まった。

真の強敵はカレーだった。その魅力的な、蠱惑的な、暴力的な芳香は、神出鬼没に山口に襲いかかった。商店街で。学校の食堂で。駅のホームで。夕方の住宅街で。路地裏の窓辺で。桜木町で。山口に逃げ場はなかった。頭の中はいつもカレーでいっぱいだった。いつからか、鼻腔の奥に常にカレーの香りを感じるようになった。山口は完全にノイローゼになっていた。高校受験も失敗した。 部屋で一人の時は頭にターバンを巻いて過ごした。
一方で母親は奇跡的に、順調に回復していった。この調子でいけば完治の見込みもあるかもしれないと、医者からも言われた。山口はノイローゼに苦しみながらも、ラーメンとカレーは絶対に食わないと改めて心に誓うのだった。
父親の様子にあまり変化は見られなかった。父さんは辛くないのかな?大好物が食べられないというのに。大人はそんなことで取り乱さないのだろうか。一度だけ、父親と二人で食堂街を歩いているときに、父親が「ぶり大根」と書かれたのぼりを見た後、のぼりからわざとらしく目を逸らし、少し切なそうに笑ったところを山口は見たことがあった。その直後、気を抜いていたためにどこからか流れてきたカレーの香りをもろに吸い込んでしまい悶絶した山口には、父親のデニーロ的な切な顔にかまう余裕はなかった。

一年後、ついに母親は医者から完全回復を告げられた。山口も父親も泣いて喜んだ。その夜、祝いにと、母親と父親の大好物を食べに出ることになった。
「ハマチ!」
寿司屋のカウンターから、山口の父親の威勢の良い声が飛ぶ。
「美味い!」
父親も母親も幸せそうだ。
「父さん、ハマチ、ブリに似てるね」
山口が言った。
「何言ってんの、健。ハマチはハマチ。ブリじゃないよ」
と言って父親はデニーロ的に笑った。
「サワラちょうだい!なんだ健、食べないのか?何か頼め」
父親は知らなかった。いつのまにか山口が、ラーメンとカレーの次に大好きな「寿司」を絶っていたことを。山口の顔面は蒼白で、目は怒りで紅く燃え、それでも母親の回復が嬉しくて笑っていた。ガリをお茶でどんどん胃に流し込んでいく。食えるんだ。ブリやめてもハマチ食えるんだ。カマスやめてもサワラでもタイでもヒラメでもノドグロでも食えるんだ!その場で山口は失神した。

山口は「断ち癖」をやめられなかった。志望校は落ちたが、滑り止めの高校には入学できた。何かを絶たないと、高校に居られなくなってしまうような気がして、寿司を絶った。
部活でレギュラーを獲得したら、その座を奪われたくなくてハンバーグを絶った。必然的にハンバーガーもロコモコも絶たれた。
彼女が出来たのでケーキを絶ったら、甘い物好きな娘で趣味に付き合えず振られた。
成績が落ちないように。友人達との良好な関係が続くように。志望大学のA判定から転落しないように。大学に入ってからは、退学にならないように。車を買ったら、事故をしないように。運転免許が剥奪されないように。
山口は断ち続けた。何かを得るためではなく、何かをなくさないために好物を絶つ。絶つのをやめたら、きっとなくしてしまう。この強迫観念をどうしても克服できなかった。母親はあれからずっと健康だった。それはきっと自分がラーメンとカレーを断ち続けているからなのだ。
このようにして、山口は人生の山肌にしがみつき、好物を次々に捨てて身軽になりながら、ついにこれまで転落することなく登り続けてきた。しかし実際のところ、彼は不幸だった。とてもとても不幸だった。なぜ自分は当たり前に幸せになれないのか?なぜ現状維持に代償が伴うのか?なぜこの変な癖をやめられないのか?なぜ?
もちろん理由はわかっていた。父親だ。あいつはおれの苦しみを知ってか知らずか、のうのうと暮らしている。母親が健康になってからは、ブリとカマスだって好きなだけ食べているに違いない。あいつはおれの人生を滅茶滅茶にしておいて、自分は美味しいものに囲まれて楽しく暮らしていやがるのだ。

「母親が先月亡くなりました。最後まで健康で、ある夜眠りながらぽっくり。幸せな最後だったと思いますよ」
「親父さんは?」
「バリバリ生きてますよ」
山口はそう言って北京ダックを口に放り込み、勢いよく噛み、飲み下した。
「森田さん」
山口は言った。
「私の父を殺してください」

続く
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。