FC2ブログ

DIARY

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > アルバム「旅立ちのうた」について

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05.17 Sun アルバム「旅立ちのうた」について


4/27に発売した新アルバムの紹介をします。
アルバムタイトルは「旅立ちのうた」、8曲入り1500円です。

収録曲
1. 名もなき日常
2. FEBRUARY
3. 扉は閉ざされたまま
4. 無名の天才
5. しずかなよるに
6. breathing
7. 旅にでようぜ
8. 旅立ちのうた

既に買って聴いてくださった皆さんは本当にありがとうございます!大変有難いことに、「めっちゃ良い」「一曲目でもう泣いた」「長年の悩みであった肩凝りが解消された」と言った感動のお便りが、全国から続々と届いております。

せっかく出したのに今ライブ休止中やから、買えへんやん!という残念な状況を打破すべく…!
『 通販 』します。メール、電話、Twitter、なんでもご連絡ください。送ります。ゆうパックで送ります。
お支払い方法はじかにメールにて!
基本振込にしようと思いますが、会う予定のある人は次会ったとき、とかでも大丈夫なフリーかつインディペンデントな地下歌手です!ご遠慮なくどうぞ!なぜならほんま聴いて欲しいから!

そう、二年間という外タレ並のレコーディング期間を経て(途中一年半近くサボったね…)、20代から30代になり、得たり失ったりしながら色々なものを込めて作り上げました。クレジットの上では「作詞作曲」と「プロデュース」は進藤宏希で、「レコーディング・ミキシング・マスタリング」が荻野真也やけど、実際はプロデュースも半分はオギーと思ってます。
今、書くこと考えながらCD作成のあれやこれを思い出してたら、めっちゃオギーと飲みに行きたくなってきた…ちなみに今おれは一人新幹線でビール飲みながら日記書いてるねんけど…
まぁええわ、とにかく、二人でああでもない、こうでもないと作り上げていきました。マイペース過ぎるおれによく付き合ってくれたと思ったりもする!あと、おれは結構ぶっ飛んだアイデアで突っ走ろうとしたりするタイプなので、聴いてくれる人に伝わる形やったり、バランスの取れたアレンジやサウンドに中和してくれる相棒がいると助かる。裏々の村木にしてもそう。
次はまた、もっと自由にやれると思う。また頼みます。

ほんまに、良いアルバムになった。おれは、そら客観的には聴けないし、手前味噌やけど、本気と本心しか詰まってなくて、聴いてて泣きそうになるときもある。どんどん自分の音楽も人生も更新されていく、過去になっていくけど、なるべく長いこと大事にし続けたいな。今回の作品はとても大好きです。
独特な雰囲気を持ったアルバムなような気はする。昼間から夜を経て夜明け、最後に青い空が見えるような気がする。全曲に対する思い入れや秘話なんかを書いていきたい気もするけど、需要も時間もなさそうなので一旦やめとく。。


参加してくれたミュージシャンについては触れたい。

まずはZweigのボーカル・鉄琴担当、みきちゃん。彼女に「しずかなよるに」で鉄琴を弾いてもらいました。みきちゃんのメロディセンスと音楽的な勘は素晴らしくて、淡々としたあの曲に絵本のような色彩を添えてくれました。それが欲しかってんって感じ。録音してから発売まで二年以上も待たせてごめん。。

たかぎしゆかさんに「旅にでようぜ」でピアノを弾いてもらいました。この曲は出来たときからピアノのリフが頭にあって、それをギターで弾いてたけど音源はもともとのイメージに近づけたかった。頼みたい人はたかぎしさん以外にいませんでした。結果、たかぎしさんにお願いして、本当に良かった。

カーテンズ、イエンドエンドや他にも引っ張りだこなギタリスト、田中陽介くんに「旅立ちのうた」でギターを弾いてもらいました。最初は参加してもらうつもりなかったんやけど、あるときこの曲を一緒にやってもらう機会があって、そのときのギターが耳から離れなくなってしまって。欲しいリズムで音を出す人が意外といなくて、彼しかいなかった。
マジでめっちゃいいギター弾いてくれて、レコーディング聴きながら泣きそうになってもうたのです!

裏々の村木雄一に、「旅にでようぜ」「旅立ちのうた」二曲でベースを弾いてもらいました。もはや彼のベースラインは僕以上に僕の心象を語ることもある。旅立ちのうたのベースはめちゃいいです。

ジャカランタン、他多数のバンドで活躍する大阪のデニチェン(違うか…)、いや加藤茶(違うか…)、まぁええわ、志村和大さんに「旅にでようぜ」「旅立ちのうた」でドラムを叩いてもらいました。志村さんのドラムは、かっこいいねんな。で、優しかったです。とても地に足のついたドラミングやけど時々(いや、随所に)「志村さん!」というところがあって、「旅立ちのうた」の大サビでは僕を泣かせてくれます。

最後、たかぎしゆかカルテット、ベロニカで耽美なギターを奏でたり艶やかな歌声を響かせたり、地味にピアニカ吹いたりしてる安井淳さんに「旅立ちのうた」でピアニカ吹いてもらいました!!
参加ミュージシャンで唯一録音一発OK、録音時間二〜三分というプロフェッショナルな一面を見せてくれました。旅立ちのうたにはこの音が必要やったんです。アルバムの最後に、晴れやかに歌ってくれました。
ピアニカの音が欲しかったっていうのはほんまにほんまやけど、ほんまは無理やりにでも安井さんに参加して欲しかったっていうのもあります。


とりあえず以上ですね。書き漏らしたことが浮かんだらまた書きます。
CD買ってください!


次は休止中の活動(矛盾?)について書こうと思ってます。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。