DIARY

Home > 2017年10月18日

2017.10.18 Wed 灯台を見に行く 帰路編

神島で目覚める朝。前夜は持ってきたCDウォークマンで、久しぶりに作りかけの自分のアルバムを聴いて、そのまま眠りに落ちた。
朝目覚めても雨はまだ降っていた。風もそこそこ強いみたいだった。波もあるのだろう。
体調は昨日より幾分か良いように感じられた。とはいってもこの悪天候で島に留まっていても仕方ないから、朝飯を食べたらすぐに宿を後にし、8:35発の船に乗り込んだ。船はやっぱり揺れたけど、なんかもうある程度慣れたみたいだった。
鳥羽(佐田浜)に着いたら、すぐに近鉄で帰ろうかとも思ったけど、別に急がないので、雨の鳥羽の町を少し散策することにした。
駅前の、海女さんが獲れたての貝を焼いてくれる小屋の並び。元気だったらここで瓶ビールで軽くやりたかったのに。赤福の鳥羽支店、昔家族で来た、懐かしい。他にも昔家族で来た、でかい海老フライ定食の食える名店「漣」を眺めたりしながら、ぷらぷら歩いた。
また懐かしい場所、城山公園に着いた。昔、少しだけここで遊んだことがあるけど、そのときの印象がいつまでも残っていて、また行ってみたいと思っていた場所だった。そこはやっぱり素敵な場所だった。ここには、晴れた日にまた訪れたいな。
旧鳥羽城の本丸跡を経て、旧鳥羽小学校の校舎(国の有形文化財。三重県初の鉄筋コンクリート建築らしい)を眺めて、ゆっくり、よたよたと駅へ戻った(だいぶ疲れてきてた。ぶり返した感。。。)
なんとなく、崩れそうなまま放置された建物が多いなぁと感じた。鳥羽、とても好きな場所やねんけど、来るたびに悲しくなる。三重県は本当に観光資源豊かな県で、海の幸から松坂牛まで美味いものの宝庫やし、志摩の美しい海岸や離島の独特の文化、更には日本人の心のふるさと伊勢神宮まで、ここに来て触れるべきものが沢山ある。鳥羽の町を歩くと、中には、若い人が始めたと思しき、ちょっとオシャレな良い感じの店も出来たりしてた。けど、観光の中心エリアから少し離れると、そこはけっこう軋む音が聞こえてきそうな、錆びついた雰囲気がしていた(失礼やな。すいません)
好きな町やし、これからもがんばってほしいな〜今はまだ高齢の人とかも元気にがんばってはるんやろうけど、そのうち人が少なくなってきたらホンマにどうなるんやろう。近鉄が今のうちにもっとがんばらなアカンねやろうなぁ。
さてこの町の未来を憂いたりしながらも、だいぶ僕もくたびれた。大阪へ帰ろうと、近鉄特急に乗り込む。快適に二時間で大阪へ。
ちょっと時間を潰す必要があったので、すぐには家に帰らず、梅田をうろついた。昼飯に、阪急三番街のラーメン横綱でネギを食った。
ジュンク堂を思う存分うろつき、本を一冊買って帰宅の途に着いた。いつのまにか雨は上がっていた。傘もどこかになくしていた。家に帰ったら夕方の四時だった。

先を見通すことは出来なくても、何を大事にして生きていきたいかを改めて考えることが出来た。とりあえず、自分のアウトプットがいつも音楽や文章であることに対して、迷いはもともとなかったけど、「それでいいのだ」と前向きに思えるようになったような気はする。
だけどこれまでの10年を振り返ってる余裕はなかったなー。そんなことを思いながら、今風邪の抜けない体を横たえて、なんとなくあの頃経由で今のあそこへ思いを飛ばしている、というわけのわからないメッセージでこの手記を結ぶ。
スポンサーサイト