DIARY

Home > 2015年07月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.07.28 Tue ささやかなお知らせ

ささやかなお知らせ。

進藤宏希は4月末のレコ発企画をもってライブ活動を休止していましたが、10月から少しずつ再開することにしました。

待っていてくれた人、懲りずに誘い続けてくれた人、ほんとにありがとうございます!再会も出会いも楽しみにしてます。
決まっているライブ予定を書きますね。以下の三つです。他にも話はありますので、また書きますね。


◼︎10/8(木) 京都 木屋町DEWEY
「DEWEY4周年企画」
時刻・料金未定
鈴木実貴子(名古屋)/夜ハ短シ(東京)/進藤宏希/and more...

◼︎10/18(日) 神戸元町 space eauuu
「STRANGE BOUQUET VOL.13 (秋クラブ)」
○作品展示・物販○
LILY HORSE(レザー小物)/ヨシカワショウゴ(グッズ)/木村耕太郎(似顔絵屋さん、グッズ/omusubi works(手芸小物)/まちこ!(グッズ)
○出店○
もっさんcafe(スイーツ・フード)/cafe cami(スイーツ)/PEANUTS RECORDS(レコード)
○音楽係○
はまちゃん(BLONDnewHALF、kisetsu/ame)
○歌係○
進藤宏希/いわさきるか/and more...
http://strangebouquet.tumblr.com

◼︎12/8(火) 大阪 心斎橋 酔夏男
詳細未定


以上です。
再開するに当たって思うこととか、また書きたいなと思うけど、まずは「やりますよ!」というお知らせだけ。是非、是非とも聴きに来てください。


どうぞよろしくお願いします!
シンプル!
スポンサーサイト

2015.07.22 Wed タワーレコード大阪マルビル店

先週から、梅田丸ビルの地下一階にある『タワーレコード 梅田大阪マルビル店』で、僕のアルバム「旅立ちのうた」の取扱いが始まった。

今は邦楽側の入口からレジに向かう途中にあるJインディーのオススメの棚で、面見せて視聴機にも入れて頂いている。
ありがとうございます!!
マルビル写真


感慨深い。。。
こういうふうに、売ろうとしてくれてるのを目の当たりにすると、やっぱり売れてほしいなと思う。お店の期待に応えたいし、尽力してくれた恩人にも報いたい。いや、売れんかったらマジやばい!クビや!おれショックで音楽引退するかもしれへん。。。冗談やで?いや、冗談でもないで・・・?
それにずっと前から憧れてた状況に、今なってるわけやから。視聴さえしてもらえれば、売れるとどこかで思ってた。現実はそんなに甘いものではなくて、視聴すらされないとか、視聴してもらえてもカスリもしないとか、厳しさ突きつけられるかもしれないし、やっぱり僕の音楽気に入ってくれる人は少数派かもしれないとは思ってる。でもそれでも今回のアルバムの音には確かな手応えがあって、誰かの何かになりうるというか、ほんとに誰もに聴いてもらいたいと思ってるから、できる限りのことはしたい。

どうか皆さん、買ってください。

ジャケットが見えるようにしてくれてるの嬉しくて、あれやったらジャケ買いもあるんちゃうかなー!と期待している。宝塚市民、もしくは阪急電車ユーザーなら手に取らざるを得ないデザインになっている。


丸ビルのタワレコは、恐らく僕がこれまでの人生で一番たくさんCDを買った場所である。
よく行くのはジャズ/クラシックのフロア。ここではほんま色々買った。安くなってる名盤を買ったり、好きなミュージシャンの新作を買ったり。ほぼ毎日聴いてるグールドのゴールドベルクもここで買ったし、ジャズも色々買った。
ロックとかを取扱ってるメインのフロアでは、友達のマサ・タケダさんのCDも買ったし、割と最近ではジョニ・ミッチェルの10枚組とか、ジェイク・バグとかも買った。

ほんま挙げ出したらキリないんやけど、なんでここを好きになったのかというと、小豆色楽団のドラムの山崎がここでよくCD買ってたっていうのがキッカケやったと思う。他のCD屋さんでももちろんCD買ってたけど、なんとなく丸ビルのタワレコだけは僕にとって特別やった。
だからここに置いてもらえて本当に嬉しい。パラダイスが繋いでくれた縁やし、なんか色々嬉しい。

できる限りの宣伝をしたいと思う!
騒音にならずに声を響かせる、頭を使わないとなー。いきなり宣伝に精を出したら、その変わり身に軽薄さを覚える人もいるかもしれへん。。けど許してほしい。僕が何かを手渡せるかもしれない相手は、僕の音楽聴いてくれる人だけで、その人数を増やす最大限の努力をする責任はあるとはずっと思ってきたし、自分でやるしかないからやらなきゃ。もう始めないと、っていう気持ち。何がどうなったっていう訳じゃなくて、ただその時が来ただけという感じ。

あと最近すごく思い始めてる。生活しながら音楽続けるためには、やっぱり最低限売れたいって。
歌えてさえいれば、最低限それでOKと思って生きてきた。だからこそ、歌っていられる状況を保つためにも、少しずつでも上に上がっていかなきゃならないと感じてる。上にっていうのは、イコール売れるではなくて、色んな意味でやけど一つの要素としてCDが広まるに越したことはない。

色々言ったけど、タワレコにCD置いてもらえて一番思うことは、こんなに良いCDが出来て、たくさんの人に聴いてもらいたいと強く思ってたから、それが現実に近づくことが嬉しいということ。そして、その効果をできる限り最大化したいということ。

どうか皆さん、よろしくお願いします!
(いや、よろしく頼まれても、、、どうすりゃいいねん)って感じやったらすいません。。。
よろしければお店に足をお運び頂き、ご視聴頂ければ大変幸せです(^^)そしてお気に召したなら、ご購入頂ければ天にも昇る気持ちです!
お友達、ご家族にもオススメ頂ければ岩をも砕く気持ちです(((o(*゜▽゜*)o)))
マルビル2


ちなみに近々、謹んで全然別のささやかなお知らせもさせて頂く予定です。
心の片隅に転がしといてもらえると幸いです。
ありがとうございました。

2015.07.19 Sun たかぎしゆかカルテット「Mattina e il mare」について

「Mattina e il mare」
最初読めなかったけど、一度読めると声に出したくなる不思議な好タイトル。朝と海という意味だそうです。

たかぎしゆかさんについて。クラシック音楽の持つポップさをごく自然に捉えられる感性に共感する。たかぎしさんの紡ぎ出すメロディーは揺るぎない星座のように、心の深いところにまで光を落としてくれる。それは世に溢れる、お定まりのコードの上で転がるだけの量産品のメロディーとは明らかに一線を画するものだ。
そのメロディーに呼応するように、たかぎしさんの詩世界はどこかノスタルジックで、それらが重なり合った楽曲は他にない芸術作品になっているように思う。
えらい大層な言い方をしてしまったけど、本当に聴かれるべきポップミュージックを創り出す稀有な音楽家と思ってます。大ファンです。

そんなたかぎしさんが所属する「たかぎしゆかカルテット」。たかぎしさんの類稀な世界観を損なわないだけでなく、恐らくは彼女にはない方法論も用いてその楽曲を更に独特で、ドラマチックで、しかも大衆に届くものにしていて、ミラクルなバンドと言わざるを得ない。
余談やけど、音楽偏差値だけでなくアルコール偏差値も全国トップレベルのバンドかと!マジで余談やけど!

2015年4月に、たかぎしゆかカルテットの新しい音源「Mattina e il mare」が発売された。一曲目「朝(あした)」のイントロの最初の一音で心を掴まれてほどかれて、あっという間に三曲が過ぎていきます。
僕はこれまで、自分の曲聴いてくれた人から「癒される」って言われると、嬉しい反面なんか違うって思ってるところがあった。癒しっていう言葉に軽いイメージがあったんかな、それに、自分の曲には優しさよりも生々しい感触を自分では感じていた。
でも「Mattina e il mare」を聴いて僕の考えは変わった。聴きながら、自分が精神的に癒されているのを感じた。癒されると涙が出る。癒されるということは、傷ついている。それを治癒する。「癒し」って、凄いことやと思った。
全ての楽器もアレンジも素晴らしいんですけど、たかぎしさんのボーカルがほんまに最高です。この音源ではそれをすごく感じました。

何勝手に人の宣伝してるん!?って感じで、たかぎしさんからしてもいい迷惑やったら目も当てられんけど、ほんまに評価されるべきものやと思うし、書いたれ!と思って書いた(笑)
縁あって「レーベルメイト(?)」の間柄にもなれたわけやし、彼女が売れるのに便乗しておれのCDも売れて欲しいという熱い下心も勿論ある。
別途ちゃんと報告するけど、梅田丸ビルのタワーレコードに、たかぎしゆかカルテット「Mattina e il mare」と進藤宏希「旅立ちのうた」、並んで売って頂いています!
どちらも素晴らしく価値のあるものと信じてます。是非セットでお買い求めください!( ´ ▽ ` )ノ

https://m.youtube.com/watch?v=N8e22LlphP4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。