DIARY

Home > 2014年11月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.08 Sat ライブ予定はこちら

ライブ予定をちゃんと載せます。
怠り左衛門成敗!すいません!


◼︎11/15(土)ブラボージャックパーティー 大阪 塚本najika
タイムテーブル → http://tsukamotofes.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

◼︎11/22(土) 京都 西院ウーララ
みっちぇる企画『hyper holiday』
18:00/18:30 ¥2100/¥2500(+1 drink)
yusuke michidoi/naoki ishida(JP)/伊藤ユッキ×trish(三重)/すずきあゆみ(東京)/進藤宏希

11/29は昼京都で、夜大阪でライブします。
◼︎11/29(土)ThreeStar Kyoto(古着屋) 『Relation vol.4』
・入場無料
・ライブペイント:Manabu Sakamoto/コジマ憂唯/吉野奈津子
・ライブミュージック:進藤宏希/みぞたちか/菅原岳史/畑下マユ/吉野奈津子とNonsugar
※25分×2ステージ。進藤は14:10と16:35から。

◼︎11/29(土)大阪 心斎橋パルチザン
19:30/20:00 ¥1500(1drink込)
進藤宏希/藤川真里
※この日3ステージ目はパルチザンで長尺ライブ。

◼︎12/6(土)神戸 space eauuu
『STRANGE BOUQUET vol.11 (昼クラブ)』
詳細はこちら → http://sbouquet.blog67.fc2.com/blog-entry-269.html?sp

◼︎12/23(火・祝)大阪 扇町パラダイス
詳細未定


ここから来年。
◼︎1/23(金)京都 木屋町DEWEY
チャージ、時刻詳細未定
チャー絆/わたなべよしくに/進藤宏希/サノヒトミ(viridian)(名古屋)//and more...


とりあえず以上。

今、基本的に平日のライブは避けてます。家ニアリー滋賀の京都、職場神戸は三宮・元町より更に西の兵庫という生活の中で、さすがに仕事のある日にライブは厳しいというのが今更の本音だったりする。まぁ、それも一旦実験的にそうしてる。
環境か心境が変わればペースもまた変わると思う。

話は変わるが裏々はしばらくライブをしないつもりです。年内はお互い色々と忙しいのと、いよいよ、音源を作りたいという気持ちも高まったので、ライブ優先はしばらくなしで。
弾みでひょっこりやるかもしれませんが。何しろ、やりたいのはやりたいのです。一つずつですね。

裏々の音源の前に、ソロの音源をちゃんと産んであげないといけません。一度下ろしてしまった重い腰、ようやく上がりそうです。ここまで来たら、焦らず良いものに。だけど次の次のそのまた次まで、構想は積み重なってる。

形にしていきたいです。

話は変わるが、夢の中で出来た曲とか言ったら天才ぶってて感じ悪いやろうか。そんなことはなくて、普通に曲作ってるときやって、夢の中みたいなもんやと思う。キャッチする貪欲さだけや!

ライブ会場でお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト

2014.11.04 Tue インスタント麺の思い出

インスタント麺にも皆さん色々と思い出はあると思います。
子どもの頃、休みの日の昼飯が時々好きやねんやったなぁとか。友達ん家遊びに行って昼飯ご馳走になったとき、横で婆さんが「あんたら気にせんとそれ食べ、私はこんなもんでいいから」恩着せがましく言いながら啜るチキンラーメンが殺人的な芳香を放っていて、おれらの野菜炒めか何かが罰ゲームにしか思えなかったことや。辛ラーメンにはまったことや。UFOはソースを絡めるまで伸び続けるからお湯は2分で捨てるのが通とされる説とか。

そらまぁ、挙げればきりがないんですが、僕の中で印象的な思い出としては、年越しのときのベランダどん兵衛というのがある。
大晦日の晩飯は当然年越しそばである。でもいくら鰊や天ぷらを乗せたって、二玉食っても太巻きも食っても、晩飯は7時か8時やから夜中には腹が減る。大晦日は夜更かししていい日やった。
12時か1時かぐらいになったら、兄ちゃんとどちらともなくソワソワと「そろそろどうですか…」といった雰囲気になる。そうすると我々はおもむろにヤカンに一杯のお湯を沸かし、それぞれ手にしたどん兵衛(もちろんどちらも天ぷらそば)にお湯を注ぎ、なぜだか寒いベランダに出たのです。天ぷらの後のせも我々ぐらいになるとベランダでさくさくやります。
暗いベランダにかがんで、二個上の兄ちゃんと二人で「寒いな」とか「美味しいな」とか言ってどん兵衛食って、そそくさと部屋に戻ったのです。それで満足してまぁ思い思い遊んだり寝たりする。
毎年恒例やった。今考えたら何やってんねやと思う。けどなんか乙なものでした。

インスタント麺の思い出。

2014.11.01 Sat こうちゃんの歌

こうちゃんは元気にしてるだろうか。
今朝なぜか、夢にこうちゃんが出てきた。

こうちゃんはおれの幼なじみの友達で、同い年、ダウン症の男性だ。家が近かったから、幼稚園〜小学校に通ってた頃はよく一緒に遊んでた。
おれのあだ名は小さい頃こうちゃんやったけど、こうちゃんとかぶったから譲ったという幼いながらの経緯がある。

言葉は聞き取れないことが多かったけど、なんでか何言ってるのかなんとなくわかったし、おれの言いたいことは割と伝わらんかったけど(それは誰に対してもそうか…)なんとなくおれの言うこと聞いてくれること多かったと勝手に思ってて、きっとこうちゃんの友達みんなそうやろな。
つぶらな瞳がほんま可愛くて、こうちゃん何してるかな〜会いたいなって今でも時々思う。

思えば、周りのみんな、こうちゃんが居たから考えたことや、こうちゃんから学んだことたくさんあったやろな。対等なはずやのに対等じゃなくて、不思議なリスペクトもあって、守ってあげたいし特別に思われたいし、偽善や羞恥心についても学んだのかもしれない。

今朝夢の中で、こうちゃんと向かい合ってたくさんしゃべってた。謎のパーティー会場、綺麗なテーブルクロスとキャンドルを乗せた丸テーブルを挟んで、お酒を飲みながら。
こうちゃんとこんなに言葉を交わせるなんて、と思って感動しながら、おれは「こうちゃんはすごいよ。それに比べておれはほんまに駄目な奴や」と言い、こうちゃんは「おれは頭が悪いからダメ。しんどうはすごいよ」と繰り返した。おれは「そんなことないよ。こうちゃんは偉い。こうちゃんとこんなふうに話せてほんま嬉しいわ」と返し、こうちゃんは「しんどうはすごいよ。羨ましい」というようなことを繰り返した。おれは自分はほんとに駄目な奴だと思いながら、こうちゃんに憧れて泣きそうになっていた。
やがて、こうちゃんが「おれには歌うことぐらいしか出来ないから」と言って、ゆっくりとギターを奏で出した。こうちゃんの少し離れた後ろの方に二人の外人さんが立っていて、トロンボーンとアルトサックスやろか、優しく優しく、ほんとに静かにこうちゃんのギターに合わせて旋律を吐き出した。
とてもスローなテンポで歌い出したこうちゃんの歌、ギターの音色、後ろで優しく鳴るラッパの調べがあまりに優しくて美しくて、聴きながらボロボロに泣いていた。
キャンドルの火がこうちゃんの小さな目の中で揺れていて、こうちゃんは優しく輝いてた。

曲が鳴り止まないうちに目が覚めて朝五時半、すぐにギターを取って歌ってみた。いつか形になれば、また泣けるだろうと思う。不思議な夢やった。

会いたいな〜こうちゃん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。