DIARY

Home > 2012年12月

2012.12.31 Mon 2012/12/31

2012年を振り返る。今年は別れの一年やったかもしれん。
ばあちゃんとの別れ。大好きな仕事仲間の何人かは職場を離れていった。「別れ」ではないけれど、2012年も終わりの今になって、距離が生まれてしまった人やものごともある。
大人になるにつれて、自らを取り巻く周辺事象はその種類も数量も増えていき、手を広げながら生きようとする者の両手には迷いがひっきりなしに絡まりつくことになる。今年はそういうことを感じた年やった。前に進んだからこその、迷いとの出会いであることには違いないと思うから、否定ばっかりせんでもいいと思う。でも迷いに足をとめたり、結果手にするはずだった何かを失ったりすることもある。何が正しいかなんてわかるはずもなく、それでも少しずつ身軽になることを考えて、今を選んでいる。こういう意識は、これまではなかった、むしろ避けてきていたことです。人は皆平等に年をとる。

たとえば俺は、仮にプライベートで落ち込んでても、ライブは別物!お客様のためにも弾けて盛り上げちゃう!というふうには思えない。そのときの自分に正直なライブをしたいと思う。これは大したことないようで、実は大きなことだと思う。これだけで志を異にするミュージシャンは大勢いると思う。「メジャー志向じゃない」と言い換えられるかもしれないし、「プロ意識がない」とも言われてしまうかもしれない。でもそれは、俺が人間として音楽に対してだけは正直でいたいと望むからやねんな。否定されても構わん。俺はそのときの自分に正直なライブをしたい。ライブの意味合いの捉え方かなぁ。そのうえで価値あるものにする、そのことには執念を燃やす。それが生きる道なのだから当たり前やけどね。全部自分に返ってくる、ということをこの一年でよく知った。

だんだんと、研ぎ澄まされていく。それは良いことであり、かなしいことでもある。踏み出すときは泣いてしまう。何かを捨てて人は強くなる。来年も僕は強くなるでしょう。強さの意味、すっと探してるけどわからない。探し物の途中です、こっちに進んでみるんです。削ぎ落とされていく感覚にはヒントがある気はしている。別れを知った年だった。道を知った、と言い換えることができたら。来年以降歩いていく道を。

今年はいっぱいライブしたなぁ。憧れだったファンダンゴに出た。ワンマンもした。黒木サトシとのツーマンもした。東京、横浜、三重にも行った。京都でも歌える場所ができた。イベントも色々やらせてもらった。憧れだったSUCKの出演もできた。またとない、素晴らしい一年だった。

来年もマイペースに歩く。歩き続ける。生み出していきたい。
自然でありたいんです。不自然なことにはせめて首をかしげていたい。変に思われてもいい。ひねくれてるわけでも卑屈になるわけでもなく、素直にそんなふうに思っています。自分がどんなふうになっていくかはわからんけど、これからもまぎれもない音楽を生み出していくから、気にしていてくださいね。

音楽の面では、本当にたくさんの人に支えられた一年やったと感じます。本当にありがとう。心からありがとう。僕の音楽を好きになってくれて。本当に感謝しています。
どうか来年もよろしくお願いします。来年は音源つくるぞ!イベントもいっぱいあるぞ!マイペースに、全力で、前を向いて歩いて行く。楽しんで、味わってもらえたらとても幸いです。

振り返りというかなんというか、ちょっとつづってみました。今年一年を経て、今思うことをちょっとだけ。まだまだ思ってることはあります。それらは別の機会にまた書くか、書かずに何か形にして表したいと思います。
もうすぐ年明けますね。皆さま良いお年をお迎えください。


しかし紅白おもろいなぁ。
スポンサーサイト

2012.12.31 Mon 太陽の歌

2012/12/30
ジャカランタン始発ロケッツ経由ハンバーグオムレツ行き
「SUCK THE 2012-AvengerS-」
13:00/13:30 \1800(D別)
ジャカランタン/ハンバーグオムレツ/bloom field/カッパマイナス/雨市/neonsign/立てる/crawl/ANYO/ナードマグネット/たかぎしゆか カルテット/キットモット/monohoxon/S.G.T/the highest(東京)/フジワラヒロタカ/ひまわり畑/BODDAH(a.k.a.伊藤成男、東京)/重田拓成/TEAM出る杭が撃つ(オガサワラヒロユキ、松本誉臣、黒木サトシ、進藤宏希)/国吉亜耶子and西川真吾Duo


最高でした。
出られて本当に嬉しかった。

忘れたくないから色々書いて記録しとこうかなとも思ったけど、メンツだけ記しといたら見て思い出せるやろうということで、そういう野暮な(かつめんどくさい…)ことはやめとく。

チーム出る杭が撃つは松本誉臣、オガサワラヒロユキ、黒木サトシ、俺(敬称略)の四人のユニットで、去年の年末パラダイスで行われたツーマンツーデイズイベントのメンバー(初日:松本誉大センパイVS黒木サトシ、二日目:オガサワラヒロユキ先輩VS進藤宏希)。件のイベントを成功させたチームワークでもってサックにも風を吹き込め、ていうかなんかおもろいことやれ、という無茶ぶりを恐らくはパラダイスの志村さん/ハンバーグのカリスマさんあたりが思いついたものと思われます!
楽しそう!と快諾したもののそれぞれに忙しいメンバーは、決起集会と称して寿司居酒屋で酒盛りをした以降パッタリと集まらなくなり、何も決まらないまま12月を迎えたのでした。
お尻から背中に火が燃え広がった頃から集合、スタジオでの曲作りを開始した。しかしながらそれぞれが違ったカラーを持つ弾き語りの人で、またわりと我も強く(笑)、まとまらないまとまらない…。このままでは年末にサックで赤っ恥をかき茫然自失のまま新年を迎えることになるのかもしれない…と四人とも青い顔をしていました。
まぁここからそんな語るほどのドラマはないけれど、四人で真剣に取り組んで結果ほんまに良い曲ができました。サック本番直前に決めた曲名は「太陽の歌」。
サック本番は最初自分の曲をやるときほんまに緊張した。オガ兄ちゃんと二人でやるときはすごく気持ち良かった。四人でやった太陽の歌は、晴れ晴れとしていた。どの練習よりも本番が最高やった!結果オーライ!どんなもんや!四人のマジックあったよね。

またたまには(数年に一回ぐらい…)四人でやりたいな。四人でワンマンやったらいいのにって、国吉さんに言ってもらったけど!(笑)

サック終わった後はカリスマさんと王将に買い出しに行ったよ。ROCKETSのフロアで食い散らかして志村さんの一本締めでお開き、廃人と化した安井さんを引きずってタクシー確保に奮闘したよ。

良い夜やった。たくさんの音を浴びて、生きてて良かったとぽろぽろ涙が出た。

2012.12.26 Wed パーティーが終わりになるまで

宇宙に飛んで行ってみたいな。

できるだけ思い詰めんのはやめよう。
俺の人生に降り掛かる悲劇なんて笑いとばせることばかりのはずだ。

ずっと終わりを思ってきた。
始まればいつも終わりを思ってきた。
恋をすればその終わりを思ってきた。
楽しい時間ではすぐに終わりを思っていた。
人生の終わりを思ってきた。
ずっっと終わりを思っていた。

いつか今だけで完結したい。
そんなふうな希望はある。


チーム出る杭が撃つ、四人のセンスと背骨がぶつかり合った科学反応、俺は楽しみになってきた!
サックはもうすぐ!いや正直恐ろしいぜ!

■12/30(日)難波ROCKETS
ジャカランタン始発ロケッツ経由ハンバーグオムレツ行き「SUCK THE 2012-AvengerS-」
13:00/13:30 \1800(D別)
ジャカランタン/ハンバーグオムレツ/bloom field/カッパマイナス/雨市/neonsign/立てる/crawl/ANYO/ナードマグネット/たかぎしゆか カルテット/キットモット/monohoxon/S.G.T/the highest(東京)/フジワラヒロタカ/ひまわり畑/BODDAH(a.k.a.伊藤成男、東京)/重田拓成/TEAM出る杭が撃つ(オガサワラヒロユキ、松本誉臣、黒木サトシ、進藤宏希)/国吉亜耶子and西川真吾Duo

2012.12.25 Tue 星目線


自分を大事にすること。
自分に固執し過ぎないこと。
誤解を恐れないこと。
自分を信じること。
自分の信じることに真摯であること。
嫌われることを恐れないこと。
死ぬことを知ること。
自分に固執し過ぎないこと。
捨てたもののことを忘れないこと。
固執し過ぎないこと。
あきらめないこと。

あの子はどんな夜を過ごしているかな。
感謝すること。自分なりの。
後悔すること。今なりの。
前を向くこと。僕なりの。


メリークリスマス!

2012.12.24 Mon 12/24

休日ダイヤに翻弄される通勤。

冬至を過ぎて、新たに廻り出した季節。緩やかにそんな気持ちになってきました。忘れることも、忘れないことも、悪いことではない。

言いたいことは言いにくい。ほんとの意味で自分を大事にすることに真摯に、自然にありたい。ほんとの意味は人それぞれでよいと思うので、多かれ少なかれ誰もが傷を、目に見えたり見えなかったりする中傷を呑み込む覚悟でいる必要があるのだと思う。僕は僕だ。

メリークリスマス!

2012.12.23 Sun 12/23


結局ひとり部屋で少し離れた電車の音を聞いています。

昨日は今年最後のブッキングライブやった。とても良い夜だった。パラダイスに対しては愛と感謝と尊敬しか持ち合わせてない。来年もお世話になります。

はかったわけではなく、今年目にした景色を、ごく個人的な景色、写り込んだ人物を思いながら歌ってた。それはもう、いつものように。音楽と向き合うときぐらい、きちんと自由でいたい。夢の中でしか会えへん人とステージでひそかに再会したい。なんちゅて。

観に来てくれた皆さん、ありがとうございました。願わくば来年もよろしくお願いします。


人間は誤解を基本として生きると思ってる。もしわかりあえたら奇跡です。
チーム出る杭が撃つ、松本誉臣、オガサワラヒロユキ、黒木サトシ、進藤宏希が、奇跡に導かれた四人であらんことを!

【年内最終ライブ・大忘年会】
■12/30(日)難波ROCKETS
ジャカランタン始発ロケッツ経由ハンバーグオムレツ行き「SUCK THE 2012-AvengerS-」
13:00/13:30 \1800(D別)
ジャカランタン/ハンバーグオムレツ/bloom field/カッパマイナス/雨市/neonsign/立てる/crawl/ANYO/ナードマグネット/たかぎしゆか カルテット/キットモット/monohoxon/S.G.T/the highest(東京)/フジワラヒロタカ/ひまわり畑/BODDAH(a.k.a.伊藤成男、東京)/重田拓成/TEAM出る杭が撃つ(オガサワラヒロユキ、松本誉臣、黒木サトシ、進藤宏希)/国吉亜耶子and西川真吾Duo

※出番は16:25~です。


昼間冷たい雨に降られてしんどなったのでもう寝ます。

2012.12.20 Thu


生きていくなら、嘘をつくことも必要です。
死ぬ気で生きるなら嘘をつかずにいられるかもしれない。だけど俺は生きていくことに決めたんです。

ばあちゃんに会いたい。本当のことに気づきたい。

このおぞましく伸びた髪の毛を切ってしまうことが先決なような気もする。頭が重いのだ。

2012.12.17 Mon さよならしようか

■12/22(土)扇町パラダイス
18:00/18:30 一律\1000
ナードマグネット/タイフーンミニスターズ/進藤宏希/jano/ロッテンマイヤーさんのメガネ/

年内最後のブッキングライブは、ホーム、パラダイスです。嬉しい。最高の夜にします。自分のために。観に来てほしいと、心から思っています。
ちなみにパラダイスはチケット代が前売り/当日ともに一律千円(+ドリンク)になりました。「当日フラッと」も大歓迎です!
よろしくお願いします!

悲しみが褪せることもまた悲しいなどと戯れ事は言わずに阿呆なら阿呆らしく気づかんふりで笑っておればよいものを、そのふりをするだけの、強さと呼ぶにはあまりに脆弱な志の真似事のようなものさえまともに立てることが出来ない心が、少しでも輝くなら俺はなんだってします。そのために歌います。

12/22(土)楽しみです(^^)
少しでも気になった方はお気軽に遊びにいらしてください!



【以降のライブを少し紹介】

■12/30(日)難波ROCKETS
ジャカランタン始発ロケッツ経由ハンバーグオムレツ行き「SUCK THE 2012-AvengerS-」
13:00/13:30 \1800(D別)
ジャカランタン/ハンバーグオムレツ/bloom field/カッパマイナス/雨市/neonsign/立てる/crawl/ANYO/ナードマグネット/たかぎしゆか カルテット/キットモット/monohoxon/S.G.T/the highest(東京)/フジワラヒロタカ/ひまわり畑/BODDAH(a.k.a.伊藤成男、東京)/重田拓成/TEAM出る杭が撃つ(オガサワラヒロユキ、松本誉臣、黒木サトシ、進藤宏希)/国吉亜耶子and西川真吾Duo


■1/9(水)十三FANDANGO
18:30/19:00 \2000/\2300
進藤宏希/安田太と遊牧民/狼少年/Ceaseless lust last

■2/2(土)扇町パラダイス
「ヨイゴロ*パラダイス」
18:00/18:30 \2,000/\2,000
進藤宏希/井野洋樹(SURFING in United States of America)/松岡恭子(ユナイテッドモンモンサン)/矢野仁志(talk to me)

2012.12.16 Sun

星空がきれいです

2012.12.07 Fri


日記更新したいのでします。

オーサカ◎オッケー行く。アサヤケさんのライブ観たい。
難波、道いっつも迷う。

明日パルチザンでうたいます。久しぶりのロングセットです、たぶん。なんも考えてへんけど一生懸命やろう。対バンの小泉洋平さん大好きなんで楽しみ。

たとえば何かをしたいと思う。じゃあなんでそれをしたいのかと、繰り返し突き詰めていくと、とてもシンプルな理由にまで削がれていく。
そうではなくて、僕らは過程を楽しみたいんやなぁと思う。