DIARY

Home > 2012年08月

2012.08.29 Wed 大阪花火2012

(自分的)怒涛の8月ライブラッシュが終わった。計10本。まだいけそな感もあるけど。

しっかし疲れた!
お疲れさまでした!

語ることは色々あるけども、やっぱ夏の締めくくりになった「大阪花火」出演のことを書いとこうと思う。

大阪花火がどういうイベントかというのは、下記の公式ホームページとブログを参照頂ければ、と思いますのでよろしくお願いいたします。

大阪花火2012
公式HP http://osakahanabi2012.unimix.jp/index2.htm

公式blog
http://blog.goo.ne.jp/osakahanabi2012


というわけでなんせ俺ひょんなことから8/24(金)のパラダイス仕切ることになり、短い期間ではあったけど最高のイベント作ったろうと思い入れのある出演者を集めた。今回俺は大阪花火の実行委員やったけど、根っからのパラッ子として今回はこういうコンセプトで出てほしい人を選んだ。
①好きな人 ②パラダイスに出てるイメージない人 ③パラダイスで観てみたい人 ④パラッ子みんなに知ってほしい人
このイベントが、ほんまにシーン越えて人が混ざり合うものになるなら、こうやってパラダイスからでも大阪花火開催陣の関係者からでもない人を集めて存在感放つのは、すごい意味のあることやと思った。
残念ながらほんまに俺の力不足っていうか信用不足っていうかそんなので、パラッ子はほとんど観に来てはくれんかったし、ミナミや十三から回ってくるお客さんやミュージシャンもほとんどいなかった。

(;_;)

でも出演者みんな、ほんまに素晴らしいライブをしてくれた。ほんまに感動した。弾き語りのイベントとしては、正直俺が過去に観た中で最高やったと思う。
俺こういう日にたくさんの人を集められる人にならなアカン。オガサワラさんは日本全国回った先々の人をパラダイスに呼んで、そのイベントでパラダイスをお客さんでいっぱいにしはった。この差を埋めていかなアカン。
ほんまに、素晴らしい日やってん。

一番手から俺は泣いた。藤村竜馬、あいつはすごい。熱くて、カッコ悪くて、カッコ良すぎるライブ。ああいうライブを期待してた。でも期待を軽く超えてきた。本当に凄かった。

二番手、小泉洋平さん。この日はジャンボリーではなくソロでのライブ。素晴らしかった。あの空気感出せる人は他にいるやろか?柔らかい、優しい、そして本当にどこを切り取っても質の高い音楽。俺は洋平さんの曲めちゃ好きやねん。観てくれたみんなもその気持ちがわかったと思う。がちリスペクトです。
けど「しゃべり過ぎちゃったゴメン~」とか言いながらこのへんから時間が押し始める…。まぁスタート10分押しにしたんもあるし…。
関係ないけど観にきてくれた子供のお客さんにコッソリおっとっとをあげちゃうパラダイス志村さんの優しさよ。

三番目は今回のキーマンと言っても過言じゃなかった、野辺剛正さん。圧倒的な存在感、ステージ映えする存在感。気づけば会場が一つになってる。突き放してから、腕を回して抱き寄せて、そのままどこかに連れてくようなライブ。みんな笑顔。最高やった!翌日のワンマンも大成功、おめでとうございました!
せやけど執拗なコール&レスポンス。「進藤くんゴメン~」と天使のような悪魔の笑顔で時間はドンドン押してく…。

四番目、花火の首謀者、浅田純平さん登場。会場の盛り上がりは最高潮になる。最近更にテンション上がってきてはる、それを乗りこなしてはるなぁ。思えばやけど、この日最初から最後までパラダイスのステージでは何かが渦巻いてた気がする。それに気づかされるような浅田さんのライブやった。大阪花火の思いも語ってくれた。何割かは、届いたと思う。すごい大きい一歩ですよね。
ライブ終えて嵐のように去って行く浅田氏に、サントリー烏龍茶握らすパラダイス志村さんの優しさよ。

五番目、瓶底いずこさん、とびきり好きな音楽家。しみの森→金の川→甘いもの、この三曲で俺は準備しに上がった。それで充分やった。満たされてしまった。これはまずいんよ、と思った。この後のライブがどうやったんか、お客さんの反応見たらわかった。瓶底いずこ最高でしょう!
終電で帰っちゃったから終演後しゃべれなかったのが残念!また話したい。

最後、おれ進藤宏希。もう満たされてて、ライブする感じじゃなかってんほんまは。めっちゃ幸せやった。でも渦巻き続ける音楽の潮流は俺も巻き込んでいった。歌ってて楽しかったよ。アンコールする頃、23時半前。途中で終電に駆ける人もいた。もう!みんな押しすぎよ!リーダー誰!!

打ち上げは「なかい山」で。美味しかった楽しかった!皆様ぜひ!打ち上げからパラダイスに戻れば、ファイヤーループでのライブ帰りで寝落ちるたかぎしゆかカルテットの面々、That's パラダイス。おやすみ。


一日挟んで8/26(日)はただの演者として大阪花火二カ所出演。
まず塚本Najica楽しかった。トップの発子さんめちゃ良かった。また絡めたら嬉しい。二番手俺、楽しかった!最近、つかめたら前より掴める。三番手、松本誉臣センパイ、素晴らしかった!また泣かされた。四番手、横井勝己さん神懸かってた。。最後まで観たかったけど、後ろ髪引かれながら次に出る曽根ALLへと移動。エレバティで歌ってたNonsugarと一緒に。

曽根ALLでも大阪花火。スタートは18:00ながら俺ら19時過ぎに到着。こちらでもとんでもなく濃い時間が流れてた。個人的にはかめハウスさんがめちゃ良かったのと、西田~カリスマ一人っ子がバリおもろ良かったんと、一匹どんぐりさんの曲が素晴らしかったのと、あとブレないNonsugarが強く、やっぱり良かったのが印象に残った。

俺は出番最後やった。あんだけ最初から疲れた状態でやるライブも初めてやったな。一曲一曲、曲の持つエネルギーが空っぽの体にダイレクトにぶつかってくる感覚があって超気持ち良かった。途中、バーの電気全部消してもらって修学旅行みたいな真っ暗な中でやらしてもらった。思いつきやが面白かった。「しずかなよるに」と「breathing」を闇の中で歌った。気持ち良かった。疲れた。疲れた◎


俺の音楽は俺を生かすためにあり、世界平和についてはなかなか歌えない。でもだからこそ寄り添える誰かがいるんとちゃうか。俺の音楽はポップでもキャッチーでもダンサブルでもないかもしれん。でも俺の曲でこそ心で踊ったり何かを見つけられる人が10000人に2、3人ぐらいいると信じてる。
そしてそんなミュージシャンがたっくさんおる。出会いがあれば色づく人生、そんなチャンスが実は転がりまくっとる。そう思う。

音楽が世界を変えれるとは到底思えん。でもなんというかな、音楽を好きな人が世界を変えることはありえる気がする。心が豊かな人は強いと思う。そんな人が増えれば必然的に変革の土壌は肥えていく。音楽家はそういう一旦を担うことで世界に貢献できる可能性を持ってる。
そんなふうに思いながら、自分はただただ自分の音楽を深く高くする。大阪花火お疲れっした!ありがとう!!
スポンサーサイト

2012.08.19 Sun 下ノ池の友達


こういう文章書くと、また進藤が女にモテようとして、女にモテようとして、女にモテようとしてるわ!と一部の心ない友人には思われるかもしれませんが、女にモテようとして何が悪いんじゃ!!と言いたい。というか、実際モテてから言うてほしい(´;ω;`)虚しいだけやん…。

要らない前置きでしたね。
ということで書きます。池に住んでいる友達について。


僕には池に住んでいる友達がいます。池は実家の近く、宝塚市の御殿山にある下ノ池です。どうでもいいですが下ノ池という名前の池は各地に腐る程ありますね。上ノ池もしかり。
ちなみにその下ノ池は僕が昔河童らしきものを見た池です。実際池の淵に「カッパに注意!」と書いたカッパが人間の子供を捕まえようとしている絵付きの看板が長いこと置いてあり、僕らは割と河童の存在を自然に信じていました。
また下ノ池には、一羽の白鳥が長いこと住んでいました。越冬で来た白鳥の群れの内の一羽が怪我で飛べなくなり、夏もずっとその池に留まるようになったのです。釣り糸か釣り針による事故だったと聞いていました。この白鳥は可哀相ということもあり、けっこう僕含めて周辺住民の愛着を得ていました。パンパンと拍手を鳴らすとスイーッとやってきてパンの耳をねだる、愛嬌のある奴でした。居着いて何年か後に死にました。いつのまにか白鳥の群れも池に来なくなりました。
そんなふうに、生活圏内ということもあり、また僕の場合は子供の頃から老人ばりにずっと散歩が趣味でしたからそのコースということもあり、下ノ池のことは長らく見続けてきました。

数年前(四年ほど前でしょうか)、僕に新しい友達ができました。いつのまにかこの池に現れた、尻尾をなくした金色の鯉です。緑に濁った水の中、ぼんやりと金色に光るものが浮かび上がって、姿を現しました。金色の美しい体と対照的に、尻尾をなくした鯉の泳ぎ方は不細工でした。尾鰭がないものだから、尻尾の名残でなんとか水を掻くために、必死で躯をくねらせます。尻尾をなくした理由は知りませんが、事故か、何かに食べられたかだと思います。
美しい体に醜い泳ぎ方。必死で泳ぐその姿はなぜか僕の胸を打ちました。彼は僕の見つめる先で右へ左へ、傷ついた体を晒しながらずっと泳いで見せました。隠れようとはしませんでした。
僕はそれから幾度もその金色の鯉に会い、ときに和やかな気持ちになり、ときに励まされていました。池に近づくと、なぜか必ず姿を現してずっと僕のそばにいるので、僕は彼を友達と思うようになりました。彼の登場する歌もあったりします。

冬が来ると池の水が抜かれます。池はほとんど底が見えるような状態で、水の中で暮らす生き物はどうなるのだろうと心配になります。どこかにあいつがいるんじゃないかと目を凝らしますが、見当たりません。自治会か何かに相談しようかと思ったこともあります。
そうして冬の間は彼の姿は見えませんでしたが、春になり池に水が戻るとまた元気な姿を見せてくれ、僕を心底ホッとさせるのでした。そんなふうに、僕とその金色の友達との交流は続きました。彼はいつも一人ぼっちでした。

一年と少し前、僕はついに宝塚を離れました。まぁ異常な頻度で帰省を繰り返してはいますが、やはり実家に帰るときは雑用や用事がに時間を取られることが多く、下ノ池の友達とは疎遠になりがちな一年間を過ごしました。その代わり大阪を中心に、音楽をやる仲間が僕にはたくさん出来つつありました。

一週間ほど前、関東遠征の前日に僕は実家に戻っていました。遠征に持って行くCDを用意するためです。作業に追われながらも、夕暮れどきに少し時間を取って、休憩がてら散歩に出ることができました。夏の夕暮れどきの散歩は、空の表情もかわるがわる楽しく、最高の気分転換、心の空気の入れ換えになります。
足は自然に下ノ池に向かいました。下ノ池には、たくさんの鯉がいました。去年まではこんなにたくさんの、大きな鯉はいませんでした。僕は少し驚きました。
しばらくすると、たくさんの鯉のまだ下の方、緑に濁った水の奥にぼんやりと金色の光が現れました。友達が姿を見せてくれました。初めて会ったときと比べるとだいぶ大きい。尻尾もなく、長生きできないんじゃないかと思っていました。それがこんなに立派になって、しかも暫く会わないうちに、僕に別の場所に仲間が出来たのと同じように、こんなに友達を増やしていたなんて!僕はすごく嬉しくなり、飽くことなく鯉たちを眺めていました。

やがて僕は再会を誓っていつも友達と会うその場所を後にしました。そして少ししてなんとなく振り返り、目を疑いました。
一人のおばちゃんが、僕が立っていたまさにその場所に立っていました。そして鯉たちの待ち構える水面に向かって、エサを撒いていたのです。…まるで四~五年はその作業を続けてきたと言わんばかりの、熟練の手捌きで。
これまでの金色の友達との交流が、走馬灯のように僕のまぶたに浮かびました。出会いの日のこと、僕が半泣きで彼を見つめていた曇った夏の日のこと、雨上がりの空が美しかった秋の日のこと、再会を喜び合った春の日のこと、etc…。

ひょっとして、全部エサ目当てだったって言うの?

僕は笑顔でその場を去りました。「そんなはずない」声に出していました。遠くで雷が鳴りました。空が滲んでいました。家に帰って母親のこと二、三回無視しました。


これからもずっと友達やで。

2012.08.16 Thu 関東のことなら俺に聞いてくれ


「これが“おのぼりさん”の気持ちか、っていうのを味わいました。売れ残ってしまった仔犬のような心境というか、無駄に卑屈な気持ちになって…」
というようなことを二日連続MCで話して、二日連続すべってましたね。関西人がみんなおもろいと思うなよ!!

それでも初めての遠征は思い出深く、転機と言ったら大袈裟やけど考えを改める良い経験になった。楽しかった。


8/13(月)下北沢ベースメントバー。開演まで終始落ち着かず、町をウロウロした。オシャレな町の中に王将の看板を見つけたときは涙が出そうになった。少し路地に入れば、そこには普通の日常が広がっているのがなんか不思議な感じやった。「東京」ってどっちかっていうとなんか“概念”みたいなもんに思ってたけど、普通に“土地”なんやなって思った。田舎者の都会への憧れは憎しみに似てた。

下北沢ベースメントバー、二番手が俺やった。FUのボーカルゆびさん、本間圭一さん、ネロくん(は遅れて)観に来てくれた。あと中学からの友達。ありがとうございました。
東京で「名もなき日常」を歌いたかった。最高に気持ち良かったな。けっこう固かったと思うけど、できる限りのことはやった。自分が出し切れないライブをするのだけは嫌やったから。振り切ってやれたことがほんまに嬉しかった。

対バンがほんまに良かってん。過去に大阪で一度対バンしてたIll E mE?、リンゴとぷちゅま、アタギヒロシさん、教えて☆ナチョミリーナ、俺合わせて計5組。東京めっちゃ凄いやんって思った。これまで大阪のシーンが一番おもろいやろうと思ってたし、東京はそんな面白い音楽やってる奴は少ないみたいに聞かされることもあった。でもそんなことないんやって思った。むちゃくちゃおもろかったもん。イルイミ・サトウシュウヘイ氏の音楽への姿勢とセンス、ぷちゅまさんのユーモアと素晴らしいメロディー、アタギさんの卓越したステージングとインディーズばなれした歌声、そしてナチョスさんのドラム最高でフロントマンゆりなさんの存在も炸裂してた教えて☆ナチョミリーナの音楽も最高やった。

東京、あれが普通なん?かなり良い日やったん?良い日には間違いない。でも今まで自分の世界が狭かったのは3時間でわかった。全国のインディー音楽のヒエラルキはどんなふうに成ってるんやろ?それを感覚として掴みたい。各地に歌いにいって知っていきたいと思った。

再会を約束して、終電で池袋の友人宅へ。途中、油そばダブルを食す。またビール。
雑魚寝。


8/14(火)横浜B.B.STREET。友人宅で目覚めるやいなや、大勝軒 東池袋本店へ向かう。ちょうど昼どきに到着、しばし列ぶ。もりそば中盛り、岩磯海苔トッピングを選択。
中盛りが、二日酔いの起きぬけの胃を破壊しうる量であることは、食券を買った後、店内に入ってすぐ知った。悪魔的な量のつけ麺に必死で食らいつくお客さんが数人いた。震えが止まらない。俺の目の前に運ばれてきた中盛り、のっけからスポーツ感覚で麺の山を登り始めた。完食、池袋にて爆死寸前。
気絶しかかりながら関内へと向かった。

関内セルテという平和堂とか西友みたいなスーパー的なビルの12階にB.B.STREETはあった。カタミチカラくんと再会。嬉しかった。
この日のブッキングも良かった。チカラくんが俺をBBに紹介してくれて、二人を軸にBBが今推してるアコースティックの人を集めてくれたって。嬉しくて、なんか恥ずかしい誇らしい感じ。ヤマサキアキラくん、石井佑季さんのライブとてもセンス感じた。また観たい。滝崎裕人くんのトリオ良かった!裕人くんはすごい力を持ってる。人間力がある。歌もすごい。ファンもめっちゃいたし、マジええ奴やった。再会したい。カタミチカラくんはやっぱりすごい。彼の音楽めっちゃ好きやな。夕焼けノスタルジアと、知りたくないって曲がめちゃ好き。ビブラートするときの顔の動かし方とか妙に色っぽくてかっこええ。彼との繋がりは太くしたい。またやろうね。

俺は三番手やった。前日よりは力を抜いてステージに上がれた。普段せーへん痛いミスとかあったし、歌のピッチも甘かったり色々くやしいところはあったけど、悪くないライブが出来たかなとは思ってる。何より、知らない土地で普通に楽しんでる自分が不思議で、嬉しかった。「また聴きに来るから、横浜来るときは連絡ください」と言ってもらえたり、ほんま嬉しかった。

冷静に思うんやけど、俺の音楽ってドンピシャではまる人って少ないんやろうなって思う。感情表現の方法や、キャッチーさの解釈が俺は相対的に見て多くの弾き語りの人と比べてひねくれてる。そういうアンテナの人にしか引っ掛からへんのちゃうかと思う。それは正直少しかなしい。
でも「どうしたらみんなにウケるようになるんやろう」とは、音楽においては考えんとこうと思う。俺の音楽をこそ求めてる人も少なからずいるやろうとも思ってる。そういう人と出会うためにももっと色んな場所でライブしたいなぁとシンプルに思えるようになった。そしていつもほんまに良いライブができるようになりたい。「言い訳抜きに」自分が満足できるライブをいつもしたい。そしたら僕の音楽を好まない人でも、少しは響くやろうと思う。
卑屈な意味じゃなく、前向きにこんなふうに思う。

BBにてライブ終わりそこそこ呑んだ。再会を約束して終電で川和町の友人宅へ。またビールを飲み、カップ麺を戴く。

夜中、暑さと猛烈な気持ち悪さで目が覚めた。爆死→二日酔い→ゆっくり大阪へ帰る。


麺とアルコールと音楽の思い出。忘れへん夏になったんちゃうかなぁ。

2012.08.01 Wed 8・9月のライブ予定

8月、9月のライブ予定です。未定なことも多く、見づらいかもしれませんが、チェック頂けると幸いです。
8月は初京都、関東遠征、大阪花火と大忙しです。9月は初の三重、末にはかっきんさん主催のSTRANGE BOUQUETとこれまた充実しています。そう考えるとあっというまに秋になりそうですね。20代最後の夏、駆け抜けますが思い出深いものにしたいです。
そして秋になったら真面目に新音源を!そう思ってます。


■8/7(火)扇町パラダイス
18:30/19:00 \1000/1300
進藤宏希/計谷コーヘイ/Rena/中村壮一(東京)/サユリ

■8/8(水)京都二条nano
18:30/19:00 \1000/\1500(+1D)
肥後亮佑/進藤宏希/清水コウタ/宮崎奈月(砂場)

■8/11(土)中津JUSTICE
時刻・チャージ詳細未定
金丸亮太/富永鉄兵/進藤宏希/more??


【関東遠征】----
■8/13(月)東京下北沢ベースメントバー
18:30/19:00
\2000/\2300(+1D)
Ill E mE?/進藤宏希/アタギヒロシ/石川真平(ぶちゅまる)/アルパカモルパカ

■8/14(火)横浜B.B.STREET
18:00/18:30 \1800/\2100(+1D)
カタミチカラ/進藤宏希/ヤマサキアキラ/石井佑季/滝崎裕人with清野祥平&小林一平
----------------


■8/20(月)塚本エレバティ『月曜日の隠れ家』
19:30/20:00 \1500/\2000
進藤宏希/No umbrella rainy day/原直嗣

■8/23(木)心斎橋 酔夏男『宇宙のため息と、風の音を聞いたんだ。』
18:30/19:00 \1500/\2000(+1D)
上坂拓海/進藤宏希/Ucoxxx/you kamakari


【大阪花火】----
・浅田純平氏主催の三日間の音楽の祭、今年は同時多発開催!進藤出演は下記(パラダイスは進藤ブッキング!ぜひ!!)

■8/24(金)扇町パラダイス「大阪花火(1日目)」
19:00/19:30 \2000(1D込み)
進藤宏希/野辺剛正(東京)/瓶底いずこ/小泉洋平(ジャンボリー)/藤村竜馬/浅田純平
※浅田さんの出演順は未定。ほかのハコ経由、パラダイスに到着次第ヤッてもらいます!

8/26(日)「大阪花火三日目」※進藤、まわります
■塚本najica
 ※15時半頃?出演予定
 ※他出演者は決まり次第公表します。
■曽根ALL
 ※18:00スタート
 ※チャージ\1000(ドリンク別)
 ※出演:進藤宏希/林喜一/Nonsugar/西田~カリスマ一人っ子/一匹どんぐり/マツモト/シマ☆シマ/ニュウ/かめハウス
----------------


■9/6(木)梅田ハードレイン
※詳細未定

■9/15(土)心斎橋パルチザン
19:30/20:00
\1500(1D付)
※競演未定

■9/17(月・祝)谷町九丁目ワンドロップ
※詳細未定

■9/22(土)三重 丸三水産(海の家 ええかげん)
キタムラリョウ企画
※詳細未定

■9/26(水)十三FANDANGO
18:30/19:00 \2000/\2300
Chip Chaplin/進藤宏希/and more!

■9/30(日)STRANGE BOUQUET 昼クラブ @神戸 一休庵
※詳細は別途公表


以上、お楽しみに!!