DIARY

Home > 2010年12月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.31 Fri ソングラブ

久々に帰省した兄ちゃんが、
「宏希もラブソング作りいや」
とか言うから(兄ちゃんはけっこうミーハーで、なんかラブソングとか好き。ミュージシャンではない)、
「一曲たまにライブでやるので、一応ラブソングあるで」
と答えた。

「なんていう曲なん?」
「Dのバラード」
「いいやん!Dに捧げるバラード」
「捧げるちゃうで、誰やねんDて」
「え誰なん、Dって?僕?(兄ちゃん大輔)」
「なんでやねん」
「なんでDなん?」
「曲のキーがDやからかな」
「なにそれ最悪やな」
「なにがやねん。めちゃくちゃいい曲やで」
「そうなん、聞かせてや」
「いややわ!」

みたいな。


なんだかんだで、悪ないなぁと、
昨日夜中歩きながら思った。
死ぬまで生きようと思って。


年末、年忘れの気分に一切ならない中、無理にリセットするのもちゃうなぁとは思うんやけど、
月並みやけど、心から。
今年関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

来年僕はもっとシンプルな人間になって、
目指すべき山の稜線を見据え、
まっすぐ歩き出そうと思っています。


次回日記で、1月のライブスケジュール発表します!


やったろうじゃん宏希/進藤宏希
スポンサーサイト

2010.12.27 Mon 僕の心


まるで薄皮を一枚一枚剥くように
あるいはロシア人形を開くように

最後に何も残らなかったとしても
僕の心

まだまだ分厚い殻に覆われて
それでも少しずつシンプルになっていく
僕の心

気の遠くなるような
何一つ忘れがたき

年の暮れ

2010.12.23 Thu アリガトウ

12月21日は俺にとって今年最後のライブ、「魁!誉臣(たかおみ)塾」やった。

出演者:
① 岡本規(ただし)
② 黒木サトシ
③ ネヂポンプ
④ 進藤宏希
⑤ 松本誉臣(塾長)

塾シリーズだけあって、なかなかの猛者揃いであった。
なかでも、流石に松本塾長は群を抜いて強かった。久々にすごい歌うたいに会った気がした。
なんせ一日一人称「わし」で通してはった。

俺はというと一週間風邪でやられてた。
たいしたことない思ってた風邪のピークがまさに誉臣塾の日に訪れて、昼間は一時、今日ステージ上で死ぬことになるんかもしれないと勘ぐったりもしたが、一応今ピンピンしている。

■セットリスト
1.旅立ちのうた
2.ムーンサイド・リバーライト
3.夜の砂丘
4.温泉に行きたい
5.Blind

ある意味めちゃ濃いセットリストですよ。温泉に行きたいて。
この日はほぼ満(ほぼ満月)やったから、ムーンサイド・リバーライトが説得力出たかもしれない。
俺今年最後、ええライブできたと思ってる。一週間出なかった歌声、なんとか出たし、なんやったらライブ終わったらなんでか風邪治ってた。

ライブ来てくれた、見てくれたあなた、ありがとう。
顔浮かべて感謝してます。

ワンプラネット、ワンボディ。

来年はやったる。

2010.12.20 Mon 満月

自分のことを認めないといけない。
僕は優柔不断の臆病者の小心者で、
命について何も知らない。知ろうともしていない。

大事なときにはたいてい風邪を引いている。
街の灯りがスクリーンに映る映画みたいに見えて、僕とシンクロしようとはしない。

こんな自分を想ってくれる人に、僕は何を返すべきだろう。
僕は一体誰のために何ができるのだろう。

僕は自分を認めなくてはいけない。
あなたは僕を認めなくてはいけない。
僕には明日、鳴りそうにないこの喉を奮わして、
僕のことなんか知らずに誰かを待っている誰かにじゃなく、
ただあの空間に、
音楽に息を吹き込みたいという、
それしかないねんな。

ネロくんいい夜ありがとう。
今日は空綺麗わ。
決めた、不細工でもできることはやるわ。

2010.12.11 Sat 未来人

今 僕が見るこの風景は
誰にも伝えることができない

誰にも伝えられない風景を
哀しい景色を 僕は見る

普段意識はしない
ここが名もない日本の片田舎だという
その事実なんとなく 胸をひんやりと
さみしく 美しくさせる


いつか僕らが化石になって
二万年前の地層から掘り起こされたら

我々も気づかなかった
昔 角があった名残のくぼみを

軽く鳴らして
何か悟って 未来人よ

2010.12.10 Fri ホラ貝のエコー

表題の件、昨日は裏々で梅田ハードレインでライブでした。
表題の件、umamoさんブッキングのイベントで、本当におもしろいイベントやったと思う。
umamoさん、またお願いしますね。またそのうちに。

裏々は、トップバッターやったんやけど、自分でいうんもあれやけど、めっちゃいい演奏ができたと思う。
今までで一番、自然に音楽に気持ちが入ってた。
思うところが、あったのだ。

セットリスト
1.tonight
2.夜明けの過ごし方
3.Hand
4.understand
5.インディアナ

まぁMCはなんかキモかったけどな、俺な。
落ち着きすぎたらなんか逆に気取った感じになるな。

来てくれた人、これなくても気にしてくれた人、ほんまにありがとう。
うれしかったです。


ライブのできも良く、対バンも良く、ビールがすすむ。

昨日もう一つ勉強になったのは、
すきっ腹に缶ビール4本いった後
すかさず天下一品のこってり麺・スープ大盛りでいって、
間をあけずに寝ると夜中腹の中で科学的なできごとが起こり
地獄をみるということである。

今年最後の裏々ライブ終わった。
次は音源!


やったろうじゃん

2010.12.09 Thu 目的について

で、僕はというと

何のために音楽をしているのか
音楽で自分は何がしたいのか

突き詰めて考えてみて、
わかった、初めて。



僕は、ただ音楽がしたいのだ



今日裏々ライブ@ハードレイン。
迷いよ晴れよ


やったろうじゃん

2010.12.07 Tue understand

「秋になれば」
「春になれば」
何度もそんなふうにして

嘘に別の名前つけて
知らない顔をして

君さえ僕を愛さない
僕さえ君を愛さない

Do you understand?
Understand.

本当はやまない雨や 明けない夜を
探してるくせして


難しいこと言うから
電話の糸は緩んでしまう

忘れられた遺跡から見る
景色のような顔になる

忘れてゆくということも
忘れてゆく 日々の車輪

Let me understand.
Understand.

ゆっくりと話そう
秋や春の不思議
ひとつひとつ ほどけるまで

かなしみとはこのことだ
今二人はここにいない

"Do you understand?"

二人とも間違っているんだろう

2010.12.07 Tue 私は

音楽で世界を変えようとは思わない。
世界をこう変えたい、っていう理想の世界像を持っていないから。

ただ、一人でも多くの人に音楽を届けたい。
それで無関心のベールをかぶった自分に疑問を持って、宝探しみたいに人生に色彩や雰囲気を見出だす人が一人でも多くいればいい。
そんな可能性を孕んだ音楽を届けていきたい。
それは遠目に見たら全くわからん変化かもしれん。それでもほんの少しでも、この星が色濃くなるかもしれない。


無常。
生きていること、
忘れていくことのかなしみ、
今がもう今、過去になっていること、
四季のうつろい、
命の不思議、
言葉の不完全性、はかなさ、
理解することの難しさ、不可能さ、
巡り会い、
方や運命という名の詭弁、
生死、
意味、無意味、
純粋な喜び、
隠れたかなしみに目を向けないことのできない愚かさ、
別れ、
生きていること、
無常。


日本人特有の、わびさびの感覚なんかな、あとはどこか宗教にも通じる祈りのようなものなんかもしれん。
世界のどこにだって、小数かもしれん、それでも共鳴してくれる感性があると思う。


そんなふう、今のところ。
音源作って流通させて名前が売れる前にほざくから意味があったと、10年以内に思えますように。


やったろうじゃん

2010.12.06 Mon やるぞ

わりと急に決まったのですが、今週木曜日、12月9日に裏々のライブがあります。
梅田ハードレインにて、ミュージシャンumamoさんブッキングの企画で、対バンもすこぶるよさそうです。
裏々は二人バージョンで出演、宣言しときますけど格段に良くなった新曲「understand」をやりきります。

出番はトップ。
今年最後の裏々のライブ、観にきてほしいなぁ♂♂♂


春までに音源つくるぞ。
出たことないハコいっぱい出るぞ!!

生まれ変われる気がしてきた、
そんな気がすごく。


小豆やるぞ、

やったろうじゃん

2010.12.03 Fri 小春日和、昼間の公園でから揚げと梅酒と煙草を

さむーい。


12/2、十三テハンノでライブでした。

■セットリスト
1.旅立ちのうた
2.ムーンサイド・リバーライト
3.オータムソング
4.夜の砂丘
5.冬がくるよ
6.Blind

旅立ちのうたの歌詞は、前日記に載せたけど、「東向きの風に」のとこ、「東からの風に」に変えた。
東風(こち)って確か、春に吹く。そのつもりで書いたけどよー考えたら、東向きやったら逆やん、ただの偏西風やん、って。

ていうか歌詞とんだけどな。

新曲・旅立ちのうたの歌い出し音程がとんでもなく狂ったのと、あとムーンサイド・リバーライトの間奏がぶっ飛んだときには「わわわわわわ」って思ったけどな。

集中を欠いてわけじゃなく、
気持ちの作り方が著しくまずかったわけでもなく、
それでもまだまだやなと思った。
喉の調子も悪かったし、ちょい疲れすぎやな。

俺はもっと固めてかなアカンと思う。でも広げたい。
そこのバランスをもっと取らないと、パフォーマンスのクオリティーは上がってこない。

それでも今、間違ってない気がする。
昨日のライブは悪くなかった。

昨日は俺、すごく幸せやった。ありがとう。昨日一緒におってくれた人たちほんまにありがとう。


今年、あと二本。

やったろうじゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。