DIARY

Home > 2010年06月

2010.06.29 Tue トケイソウ

2010062319200000.jpg
友人の好きな花、トケイソウ(通称?学名?)でございます。

すげーなぁぁ。

今宝塚の川面街道で満開☆
日本がんばれ、がんばろう


やったろうじゃん
スポンサーサイト

2010.06.28 Mon 大きい意味で呼吸(歌をつくること)

割と珍しいことで、最近本当に疲れていた。
けっこう忙しくしていたし睡眠も短い毎日やったから身体が疲れるんはわかるんやけど、
身体だけではなく心まで疲れていた。

思えばどうしようもなく気持ちが沈む期間は、年に数回(5~10回)はある。
二、三週間ずっと、心は得体の知れない澱んだ霧で満たされて膨張し、心臓を下の方へ圧迫している。

低調な中にも微妙な浮き沈みがあって、
浮いてるときには、実体を持たない心の状態に左右されて思い悩んだりすることが
急にしょうもないことのように思えてきたりする。
そんなときなにもかもがあほらしいような気持ちになる。

でも必ず、またすぐに沈む。音もなく霧が立ち込めてきて心は深刻な様相になる。
一点をじっと睨むような時間が増える。

悪い循環、一見出口のないような。


心の地表に芽生えた悩みの顔はそのときどきで微妙に違うけど、
種はいつも一つであるような気もする。
悩みの種が一つであるというか、幾つかの普遍的な事象に縛られた僕自身の多面性というか、
そういう言い方の方が正しいかもしれない。
いずれにしても僕が僕である限り解決なんてないと思う。
ゼロか一か、というわけではないにしろ。

そんなわけもあって、取り急ぎいつも必要なのはガス抜きなんや。

心に溜まったもやを、俺はいつもまがりなりにも歌に変えることで吐き出してきた気がする。
ガスはまたすぐに溜まるけど。

先週金曜日に歌をつくった。雨とピアノという仮タイトルがついた。
それでもまだ鬱々としている。色々なことがある。
この曲が完成すれば何かが変わるかもしれないけれど、何も変わらないかもしれない。


日記に書きたいことは他に色々あるんやけどなぁ。
裏々ライブのこと。
飲酒量のこと。
村上春樹のこと。
知り合いの不倫を見たこと。
睡眠のこと。
watervehibleと観に行った6/27のパラダイスライブが良かったこと。
ポートタワーの新しい照明、俺は前ほど好きになれないこと。
ピアニカが欲しいと思ったこと。
ギタレレも欲しいと思ったこと。


なんやろ、デトックスしたいな。
走ってみよう。げ、雨やんけ


やったろうじゃん

2010.06.21 Mon さみしくなる理由、いつか死ぬことか

100620_121841.jpg
夜の三田を走ってるといつも、なぜか心は冬に飛ぶ。
分厚い毛皮のコートを着て、さみしい街角に佇むイメージや、冬の空気の匂いがせまってくる。

生きてるとさみしいから、さみしさをごまかすために人は誰かに帰属したがる。
揺るぎない関係に生きる意味を求める。ごまかしではないのか。

音楽に身をまかせると不思議にさみしさは紛れる。
音と一緒に何かが弾けると、別に求めてないけど命が躍動して何か放ってるような感覚を覚える。
まやかしなのか?

さみしいさみしい。なんやこの気持ちは。


美味かった徳島ラーメン屋、潰れてるやんけ。
こんなにさみしいことは、本当にない。


やったろうじゃん


P.S.
夜中、ミツとコートパインと遊んで元気でた。ありがとう!
ミツ、大ちゃん、誕生日おめでとう!!

2010.06.16 Wed 矢本健士すごい!!

100616_173022.jpg


矢本健士さんのCD聴いたんやけど、すごい!!
すごいすごいすごい!!!

どんぴしゃりや。はまった。
あの人は怪物で、天才や、間違いない。

ほんのちょっと寝ぼけながら一回聴いただけの感想やから的を得てないかもしれんけど、
なんやろ、はっぴいえんどの風街ろまんみたいな満足感もあるし、YES聴いたみたいな感じもある。
聴けば聴くほど感想も変わりそうな気もする。
今年出会ったベストなアルバムかもしれん。

眠い!
写真は関係ない!!


やったろうじゃん

2010.06.15 Tue 本来であれば

100615_220226.jpg
本来であれば、梅雨を迎えるに当たって、それなりの準備が必要なはずである。
それなのに僕らは、とりたてて何の準備もしないでしょう。
まるでいつもの、名もない雨を相手にしているかのように。

日本列島ANETTAI状態。
そんな言葉は聞いたことがありますが、降り方がスコールやで。
甘くて白い愛のスコールではなくて、アジアの哀しい、人を無口にさせるスコールや。
2010年代以降の梅雨を、みくびったらいかんのや。


話は変わる。

昨日のパラダイスでのソロライブ。
皆さんありがとうございました!

昨日はほんま勉強になる日やった。いい日やった。
他の出演者のライブもそれぞれのやり方で素晴らしいものを出してはって勉強になったし。
後で安井さんに言われたことは噛み締めて肉にしようと思う。
久井さんに言われたことはかみ砕いて消化しようと思う。

<<セットリスト>>
1.Blind
2.雨が降る
3.ルシフェラーゼ
4.夜の砂丘
5.わかりあえたら

あえてライブ中から見えてた反省点を書いちゃうと、夜の砂丘で歌詞がぶっ飛んだこと、
わかりあえたらの間奏のアレンジが定まらず、正味間延びしたこと。
ライブ後表れてきた反省点(改善案)は他にもある。

俺はこのままで深く濃く広ーくなっていこうと思う。単純やが。
「このまま」で。その意味をもっとわからなければならない。


けど昨日は久々にほんまに気持ち良く歌えた。
めちゃくちゃ気持ち良かった。
そのあとビールがしみじみ美味かったもんな。


昨日の共演者はほんまよかった。
みんなめちゃ良かってんけど一つだけ挙げるなら、俺は矢本健士さんにビビった!
あんまり良くってCD売ってもらった。


話は変わる。

遅ればせながら、近所の田んぼに水が引かれた。
夜をうめつくす蛙の声。
泡のように沸き立つ。


やったろうじゃん

2010.06.11 Fri 2010年6月10日

今日はチンザノデビューした。
それも白いチンザノだ(赤いのはテハンノでぺろっと舐めたことがある)

僕はチンザノデビューした。華々しいチンザノデビューを飾ったのだ。
それもハードレインで。

みなさんええライブしてたなぁ。
計谷コーヘイさんの存在感めっちゃ好きやなぁ。
鈴木君は今もあの町にって曲を聴くと、泣きそうなる。男の子やからな。


小さな世界をつくること。
それだけやし、それが全部やな。


くっそー電車の中で規格外にいちゃつくカップルは死ね!!


やったろうじゃん

2010.06.10 Thu 2010年6月8日(通勤)


通勤は長い。

朝6時40分ぐらいに家を出て、会社に着くのが8時10分ぐらいになる。
それも家から駅までと、乗り換え時のダッシュが実現する通勤時間がや。

会社に着いたとき(どっちかというと会社の最寄り駅の改札を出たときか)、
ひと仕事終えたか、夢から覚めたか、何か奪われたような感じがする。

電車の中の、数知れないおっさん達とのすれ違い、おっさん達との触れ合い。
人生が交錯すると言えば聞こえは良いけど相手はあまたのおっさんであり、
おっさんでしかなく、おっさん以外の何者でもない。
通勤中のおっさんとの交流は摩擦しか生まない。
苛立ち以外の何も育まない。

かく言う僕もいつのまにか今では、見る人によっては無慈悲に、
無造作におっさんグループへと層別されて放り込まれるだろう…。


そんな通勤にも良いところはある。
夏の夕方の帰り道は気持ちがいい。
ときどき曲が生まれる。

たいしたフォローにはならんなぁ。
明日は音楽にひたる時間をもつ。


やったろうじゃん

2010.06.10 Thu 2010年6月9日(フレッシュ)

僕は意外と若く見られる。

27歳と言うと驚かれる。
それは若く見えるということであるのと同時に、
27歳という年齢はそう若くないということを示してる。

僕は年齢は若くない。
でもまだだいぶフレッシュや。
それでええとは思う。
年齢とは何なのか?

目安やな。


飛び入りライブはやっぱり面白い。
難しい!
勉強の場や。

夜のツツジは妖艶や。
意外なことや。


やったろうじゃん

2010.06.07 Mon 2010年6月7日(区別と融合)

100606_192000.jpg
一部の方には連絡させてもらいましたが、6月のライブ予定は今んとこ、下記のような具合です。

~ソロ~
6月14日(月) 扇町パラダイス
・オープン 18:30
・スタート 19:00
・取置き \1,000
・当日券 \1,300
・出演者:ハラ ジュンイチロウ、矢本健士、真希(溺死ブラジャーズ)、進藤宏希、岡本規

間違いない、個性的かつハイレベルな面子くさいです!くっそー、やったる。


~裏々~
6月24日(木) 扇町パラダイス
・オープン 19:00
・スタート 19:30
・取置き \1,000
・当日券 \1,300
・出演者:しっとりマイヤーさん、裏々、MOLMO PLUG、大水辰吾

これも面白い面子みたいや。いい感じに全員浮いてそうなブッキング。


ぜひ観に来てください!!


昨日は久々に裏々の練習やって、ナカナカ充実していた。

今になってようやくというか、感じるのが、ソロとバンドでは意識するところが全然違うということや。
なんというか、アンサンブルというか、グルーブを出すための方法論が違う。

ソロでは、
とにかく自分の感情やったり、
そのときのほんまにあるべき音楽の流れ(テンポや一般の解釈を超えて深いところに存在する)
に、いかに同調して、反応するか。
歌声や楽器を弾く手はその後でついてくる。
それを演奏しきるんがテクニックやと思うけど、
一番大事なんは、敏感に感じ取った音楽の流れに乗る集中力やと思う。
それは全く生ものやと思う。

逆にバンドでは、メンバーと合わせないことには何も始められない。
まずは決まったテンポやキメを合わせきれてなんぼです。当たり前やけど。
インプロビゼイションやフリーのジャムセッションやって、
それぞれテンポがめちゃくちゃやったら話にならへんし、
それぞれの楽器のアンサンブルが噛み合ったときが最高なわけで。
人と合わせるべきことを合わせて初めて、感情や深いところの音楽の流れに目を向けることができるんやと思う。

そしてソロにしてもバンドにしても、グルーブを出すための方法論は真逆でも、
レベルが上がればやがて、課題は同じ方向に集約されていくんやろうと思う。
ピラミッド型というか。


そんな話は当たり前のことかもしれんけど、そんなことを思ったのも、ソロを真剣にやったおかげかなと思います。
これからも精進します。区別と融合。


やったろうじゃん

2010.06.06 Sun 2010年6月6日

100605_165957.jpg
電車の中のいかれたがきんちょ
その方が賢明かもしらん。
でも君はそんなになってまで、必死で何を守ってるのか、
できれば教えてほしい。
参考にしたい。


なんというか、初夏本番です!!
聞かれたから答えるけど、俺は初夏が一番好きや。
ほんまは真夏の夜が一番好きやけど、公式には初夏が一番ということにしとこう!
それぐらい大好きや。

近江でなんやかんやで、パワーを得た。
大地と接し、家畜の匂いを嗅ぎ、よく歩き、黄昏れどきには美しい空と慕情に包まれ、そして夜はホルモンを食った。

今日は帰って昼から練習。久々にコートパインと会う予定(連絡がつけば)

この歳になってオロナインデビューした俺。
手のキズはすぐに治るだろう。

初夏である。
今日は気張りすぎずでもたるまず、あふれる感じで過ごして、いい気持ちでいたい。


やったろうじゃん

2010.06.06 Sun 2010年6月5日

100605_120316.jpg
相変わらず、考えてる。
いや、考えてるようで考えてない。
表面をなめている。

幼なじみの友達の田んぼが、いつのまにかなくなってモデルハウスが建ってた。
おっちゃんが亡くなってから荒れ放題になってた土地を処理したのだろう。
昔、刈り入れ後干上がった田んぼを、遊び場にしていた。
またあそこで、あいつとキャッチボールをしたかったのに。会いたいなぁ。


三谷くんは何してるかな?元気にやっとるかな。会いたいな。
夏の終わりに会おうな。


ゆうべから心を支配している、
暗いことというよりも、重いこと。
俺の腹の底に居座って吐き出しきれないものの存在。
帰ってけーへんあの少年の影と、

逆に嫌われてると思ってたのに、
ずっとあとになって俺に近づいてくれた女の子。

光か闇かはしらんがそんな温かくて悲しいこそばい もやの固まりが、
二人の人物が心を支配している。


吐き出さなくてはいけないかもしれない。
放つ。
それにはパワーが要る。

手をケガしていてギターの練習がままならないから、今日はパワーを得るために出かける。

パワーはどこから来るんやろう?
無感動に腹いっぱいものを食っても、パワーは出ない。

いいライブ見たらみなぎるもんがある。
木か自然に何かをもらうことがある。
心に残る景色を見た帰り道、ふつふつと何か湧いてくることがある。
芸術には何か宿ってる。波長が合うもんに出会うと、魂の厚みが増す気がする。
思いっきり遊ぶとパワーを得る。


今日俺は何パワーを得るのか、求めてるのか。
とりあえず滋賀に向かう。


やったろうじゃん

2010.06.05 Sat 2010年6月4日

6月4日、爽やかな朝。
伸びた髪、ヒゲ、爽やかではない。
駄目押しの白いシャツを着込んで出勤。

今日から毎日日記をつけていこうと、思っている。
思うのは自由だ。

今日は昼から夏の感じがし始めた。

今から週末だ。
良い週末になるかはわからない。
なぜだか隣ではおっさんが気持ち悪い舌なめずりを繰り返しているし。

礼儀正しく、自分本意に過ごそうと思う。


やったろうじゃん

2010.06.03 Thu ぐるぐる

100603_095350.jpg
生活のバランスとその改善について考えるが、まとまらず。

キングクリムゾンのRedを聴きながら家路をゆく。

ウォークマンがばぐって途中で聴けなくなる。
もう寿命か?512メガバイトしか入らない俺のビクターのウォークマン。

しかたなくあと一個だけ入ってたABBAを聴く。

切りかえられるか!!

やったろうじゃん