DIARY

Home > 2009年12月

2009.12.30 Wed 日なた組宣言

20091230165808
12月29日、1ヶ月で合計11回の忘年会(進藤史上最多)のうちの10回目をやりに、大学時代に数えきれないぐらい乗った電車に乗って、関大前へと赴いた。昨日はそう、大学時代ずっと一緒に過ごした友達との忘年会やった。
大学時代はバンド紛いのこともして遊んだ俺ら。今でもそれぞれ別々のやり方で音楽に親しんでいる。昨日は飲みに行く前に、久々にスタジオで音楽を鳴らして遊んだ。
ぐだぐだやったけど楽しかった。後半30分で曲を作った。あったまって楽しくなってきたところで時間はきた。それでええねん。俺がちゃんと覚えとくから、続きはまた来年。

そのあと店員の可愛さが事件級の「鳥でん」で飲んで、友達の家にうつって飲みなおして、オールザッツ見ながら朝までうとうとしてた。
朝になってから帰って、12月30日がもう半分以上おじゃんになってる。でもまぁ、それでええねん。

大学時代を想う。
何度も何度も揺られた電車。食堂のテーブル。寒い学舎。傷つけた人。体育館の横の生協。友達の家。彼女と座った中庭。解散したバンド。誰とも打ち解けられなかった一回生の頃。仲良くしてくれた友達。好きだった音楽。
愛しい愛しい。

今年、あるライブでカヨコという素敵なシンガーソングライターと出会って仲良くなった。曲もパフォーマンスも一級で人柄も良いそのアーティストは、なんと俺と同じ関大出身で、しかも同い年やった。彼女は在学中から軽音サークルに所属して文化祭でも活躍し、いわば日なたの大学生活を歩んだらしい。
同じとき同じ世界(学内)に俺もいたわけやが。比べると俺はいつも日なたの方には目もくれず、何に属することもできず、隅っこで卑屈に笑っていた。それでも、世界で一番純粋なロックを自分は鳴らしていると信じていた。

それから大学を卒業した俺は色々な事情(最も大きな事情は、俺自信の決断や)から、会社に就職した。音楽と二足の草鞋を履くことにしたわけや。

そんなんも含めて、今までものすごい遠回りしたけど、今年、ようやくミュージシャンとして「一歩」進んだような気がした。ほんまに「一歩」やけど、これが初めての「一歩」やと思う。
いつか今までのキャリアの本当にすべてを、愛して、誇りに思えるようになりたい。今やって俺は日陰にいて、地中を泳ぐ魚みたいなもんやけど、一歩一歩這って進んで、やがて日の光の下に出て、いつか空まで昇りたい。ミツとの約束も守る。

来年こそ、「実際俺今年はがんばったわ」って言えるぐらいがんばろうと思う!

今年お世話になったたっくさんの皆さん!!ほんまにありがとう!!
来年もよろしくお願いします!!


やったろうじゃん宏希
スポンサーサイト

2009.12.21 Mon 今年の冬は例年に比べるとなんだか好き。活力を失ってない。

20091221211413
寒くて寒くて、吐く息が白く残るこの頃。ようやく年末の雰囲気が町に漂い始めた感じや。
こないだまでは暖かすぎて、クリスマスのイルミネーションもちゃんちゃらおかしかったけど、今は俺の目にも綺麗に映る。
僕んちの町では雪はまだやけど、もうたくさん雪の降ってる町もあるらしい。

あと、今日か明日で冬至ですね。これからは日が長くなっていきますね。
長い長い冬が終わる頃、僕らはどうなっていることでしょう。

二日前の土曜日、宝塚では「光の散歩道」っていうイベントをやっていましたよ。
たくさんのローソクが道に並んでいて、風よけにはペットボトルを底から10cmぐらいで切ったやつが使われてた。俺的にはかわいくて、素敵なイベントやったと思うで。開催側は素敵に大変やったやろうと思う。
その日俺は地元の愛すべき仲間達と楽しく飲んで、そしてほんま数年ぶりに完全に潰れた。悲惨でした。

昨日の日曜は、マイケルジャクソンのTHIS IS ITを観に行った。むっちゃ良かったよ。マイケルジャクソンのことよく知らんけど、天才やということはよくわかった。人間の枠を超えようとしてるようにも見えたけど、ある意味それは何より人間らしくなることのようにも思えた。
帰ってからM-1見て大いに笑ってふと何か思うこともあって、ラーメン食いに行ってそのあと公園でムーンウォーク練習してたら寝るのが夜中になって、今日めちゃくちゃ眠い。

次のライブの構想に入りつつあります。次のライブは1/22。私なりのスリラーを披露できたらと思っています。ちなみに私の母はMJの話になったとき、かの有名なアルバムタイトルを誤って「レスラー」と言っておった。



やったろうじゃん

2009.12.13 Sun 坂の途中で

20091213203242
12月10日(木)、俺にとって今年最後のライブ。
進藤宏希のライブを見て下さったみなさん、出演者のみなさん、扇町パラダイスのみなさん。本当にありがとうございました!!
ライブ中楽しくて楽しくて、ライブ終わりかけてもらった言葉が嬉しくて嬉しくて、ほんとに最高に最高の気分の夜でした。

《セットリスト》
1.Blind
2.Dのバラード
3.夜の砂丘
4.星泥棒

Blindはだんだん良くなってきた。細かいところがどんどん気になってきて、彫り込んでいくうちに全体の輪郭がもっと際だってきてる。早くこの曲を最強の曲にしたい。
Dのバラードは新しい曲。途中で弦切れて一瞬萎えそうになったし(けど気持ちを持ち直すことができた)、ぐちゃぐちゃになったとこもあったけど、やっててこの曲には可能性を感じた。もっと良くして、またやりたいな。

弦張替える時間、ソロの人はお客さんをどうしたらいいんやろう?マイクの位置を工夫して、しゃべりながら張替えたらいーのか?俺は「しばしご歓談を」っつってほったらかしやった。優しいお客さんやったからよかったけど、無責任やったかな?まぁいいか。なんせ張替えスピードは上げたいな。今度計ってみるか!

夜の砂丘は一番良かった。でも途中から汗がすごくてさ、目に入って何も見えなくなった。やっぱりライブにはパッチ脱いで臨むべきやな。
星泥棒ライブバージョンver.2は、どうやったやろ?良かったと思うよ?この曲はこれからも、特別なときにやりたい。そんな気がするよ。

正直やり終わった直後は自分の出来がどうやったのか、なんか全然わからんかった。でもだんだんと、充実感が体を満たしていくんがわかって、「きっといいライブができたんや」と思えるようになった。

他の出演者のことを言うと、東正道(あずっち)はいい人やったし、ライブもほんと良かった。また会いたい。
アイネさんはソロデビュー戦やったけど、声がめっちゃ良くって、センスも良かったらしい。自分の出演前やったから、ちゃんと聴けず残念。
トリの小型VTOLさんは、曲良かったしほっこりムードやった。

来年は楽しみなライブがいっぱい。毎回自分のベストを出したい。毎回振り切って、ベストをどんどん高みに持っていきたい。来年内に、関西最強のシンガーソングライターの仲間入りしたる!


帰りにおかき王(ていうかたりお)とコートパインが待ってくれてて、むっちゃ嬉しかった。珍しくおかき王(ていうかたりお)が面と向かって褒めてくれて、ほんま嬉しかった。帰りに三人で食ったつけ麺が最高に美味かった。雨やって気持ち良かった。


やったろうじゃん

2009.12.01 Tue あの朝俺の窓に挨拶に来たきれいな緑色の鳥は。

桜の紅葉はかわいい。俺は桜の紅葉が好きや。
モミジも好きやで。モミジは偉くて、幹や枝の線まで綺麗。

12月になりましたね。

今年のライブは残すところあと一回。たぶん。12月10日(木)に、扇町パラダイスで演奏します。よければ是非見に来てください。

11月29日(日)にやった裏々ライブのレポートは、きっとコートパインさんが書いてくれるから、今日僕は、11月27日(金)にやった自分のソロのライブについて書く。

この日は、その三日前に亡くなったじいちゃんの、生きていれば92回目となる誕生日やった。甘い物が大好きだったじいちゃん。歩くことが大好きだったじいちゃん。今は元気に歩きながら、大好きな最中をほおばっているだろう。じいちゃんの笑い顔めちゃ好きやった。


セットリスト
1.Blind
2.夜の砂丘
3.冬がくるよ
4.明日の前の日


ライブの出来については、悪いことなかったと、自分に対して認めてあげたい。だって確かに「良かった」と言ってくれる人はいたんやから。
本当を言うと、自分で演奏していて「良い」と思える瞬間は全くなかった。つまりベストを出せた瞬間がなかった。これで良いとは思わない。
でもトータル的にはよくやったと、たまには素直に思いたい。必ず次につなげたい。

経験を吸収して、どんどん進化したいなぁ。
そして今歌ってる曲たちを10年後やって歌いたいな。
でもとりあえずは今月、そして来月。来年。

どんどん進化したいなしたいな。

今はまだぐちゃぐちゃでいい。雑食でいい。星と同じように、すべてを知りたがる権利は俺にやってあるはずや。そのうち嫌でもきっと何かがシンプルになるはず。

俺は真面目に生きるするぞ。


やったろうじゃん