DIARY

Home > 2009年10月

2009.10.27 Tue タレで。

今日は月と星のある空がきれいや。
なんか夜きれいに晴れたの久しぶりな気がするなぁ。だって一週間前なかった月が、今は半円をこえてレモン型に膨らんできてるから。

ついこないだまでは夏やったのに、とか。
そんなん当たり前にそういうもんやと言われても、思うよなぁ。
もっと言えばついこないだまで18歳やったし。

11月は三回ライブをします!また詳細はインフォメーションに載せるようにしますね。
秋の寂しさを寝技で押さえ込むような演奏をしたい。


あー。
焼肉食いたい。


やったろうじゃん
スポンサーサイト

2009.10.17 Sat わかりあえたら

20091017173021
天気雨の下、傘ささずに歩いた。

隣ン家の女の子が、嬉しそうに光の中を駆けていった。

公園ではこども達が、かわまずにドッジボールをしていた。

池では雨粒が波紋をつくるのが、水面にうつる空に無数の円が広がっていくように見えるのを飽かず眺めた。

今日も僕ら、わかりあえない楽しさ見つけて、ひとりで生きる。
今日も僕は、わかりあえない寂しさ隠して、あなたと生きる。

尾っぽをなくした金色の鯉は今日も俺んとこへやってきた。
鷺は抜けるように白かった。
ときどき烏が阿呆みたいに鳴いた。

後半は頭の中でゆらゆら帝国の「Machibito」が流れていた。


誰かにはわかるかな?
この写真を撮ったとき、僕の背中にはすぐに消えてしまった虹の面影が、まだ佇んでいたのを。


やったろうじゃん

2009.10.15 Thu

20091015193822
岩井俊二の監督作に「リリィ・シュシュのすべて」もあるんやけど、これもとんでもない作品で、心に強烈な印象が残ってる。
でもまだこの作品は、「また観たい」とは思えない。

30過ぎたぐらいに、また観たい気がする。リリィ・シュシュのすべてを観てどんなふうに感じるかで、心の若さがはかれる気がする。

計る。
量る。
測る…。

若さとは、質量を持ったものなのか。
それとも深さで測るものなのか。

青さやかたさや、みずみずしさかもしれない


昨日日記書いたあとで、そんなようなこと考えた。


やったろうじゃん

2009.10.14 Wed 三本目は君や

20091014200238
秋・冬に干す布団が好きや!


先週末は映画を二本観た。

一本目は、ショーン・ペン監督の「Into The Wild」。
これはもう、ほんとに良かった。思い出すと若干胸が痛い。
物・カネが全ての世間や、両親のエゴからの解脱をはかって、荒野の旅に出た青年。数々の文学作品に影響を受けて育った自らの哲学を追求しながら、出会いの旅は続き、やがて彼は一人アラスカの大地に消える。最期のとき彼が求めたもの、気づいた幸せについての真理。
実話が元になってるのでここまで書きましたが、ほんまに良かったので気になった方は観てみて!

二本目は岩井俊二監督の「花とアリス」。
岩井俊二は最高やな!


今からコートパインと練習。
帰り道、金木犀のにほい。

やったろうじゃん

2009.10.10 Sat 10月10日の日記

20091010222243
今日は友達のwatervehicleのライブを聴きに、扇町パラダイスにやってきた。良いハコ。俺もたぶん11月に出ます。
ビールを飲みすぎていますが、夜中にはwatervehicleの家でコニャックデビューします。
今から一人で天下一品のラーメンを食べて友達を待ちます。

ライブしたい。
寒いなぁ。
星がきれい!
ちょっとさみしいなぁ。

やったろうじゃん

2009.10.04 Sun 昨日のライブについて

20091004201616
今日は、夜曇ってしまった昨日よりずっと、月が綺麗ですね。

昨日10月3日、心斎橋fanjで進藤宏希のライブを見てくださった皆さん!
ありがとうございましたm(_ _)m

ソロになって初めてのライブは、一言で言や、いい経験になった。

♂とりあえずセットリスト♀
1、アフター・ザ・レイン
2、夜の砂丘
3、ムーンサイドリバーライト
4、家族のいさかいごと
5、星泥棒


出来については、ここでは言うまい。。

一つ言うと、夜の砂丘だけは、やりながら目の前に景色を広げられた気がする。

とにかく反省点がいっぱいある。演奏面はもちろん、ライブに臨む姿勢や、ひとあたりとかの次元まで、反省するところがある。
あとソロはやっぱり孤独やな。一人やと時間の過ごし方が難しかったり、スポ根的にテンションを上げるのが難しかったり、ミスはごまかせないしフォローしてくれる人もいない。ソロの洗礼を浴びたぜ。

ザ・レッドキャンディーズさんのライブはすごかったな。曲良かったし上手かったしおもろかったし、勉強になった。

とにかく次に繋がる反省がいっぱいあって、気分が前向きに変わったとき、これが財産になる。
次はきっともっといいライブをお見せします。できると思う。


でも今日はもうちょっと、月見ながらぼんやり。夜は冷えるなぁ。

進藤 宏希(やったろうじゃん)

2009.10.04 Sun 目指せ電波塔

20091004162820
なんでだか一人になりたい気分なもんだから、手ぶらで六甲山を登っている。人恋しさの反動かもしれない。どっちや?
今日も世界では色んな理由で命が消えて、理由を超えて命が生まれる。秋の柔らかい日差しのもとには音楽一つまともに鳴らせない僕がいる。

日記を載せるために、目指せ電波塔!

やったろうじゃん