FC2ブログ

DIARY

Home > 未分類

2019.02.01 Fri after all

思えばブログで報告ができていなかった。
2019年春、進藤宏希、新譜発売します。

前作「旅立ちのうた」(2015年春発売)が8曲入りやったから、セカンドアルバムということになるんかな?なにしろ魂の16曲入りです。

発売に伴い、4月15日(月)に大阪 扇町para-diceでレコ発ワンマンを行います。
皆さま是非是非お越しください!
詳細はボチボチ発表していきますね。


2017年の夏から一年かけて作ったアルバム。タイトルは「after all」です。


その言葉は密かに「, no songs were delivered.」と続く。いつからか「青春のすべての終わりに届かない歌を歌った」というフレーズが自分の中にあった。
特定の人を思って歌った歌が多い。「届いて欲しい」という願いとともに書き上げた、手紙のような曲を束ねたアルバムになるという気が、録音を始める前からしていた。
エンジニアであるオギー(STUDIO SIMPO)の実家(丹波市)のピアノの部屋でギターと歌のベーシックを録った時、マイクは僕だけじゃなく野生の鳥の歌声までふんだんに拾っていた。そのことで僕の中でなんとなく「鳥」がアルバムのモチーフの一つになり、鳥が空を越えて誰かに手紙を届けにいくイメージが膨らんだ。

そのイメージが「結局」、なぜ「no songs were delivered」という言葉に繋がるのかというと、時間は過去には向かわないからだ。宛先が過去を示した手紙を、鳥はどこへも届けられない。
「届いて欲しい」という願いは現実には叶わない。少なくとも願うような形では。そのことを知らないほどには僕はもう子どもではない。
だけど、それでも歌は確かにそこにあった。そして今もある。アルバムに収められた16曲に僕はオギーと共に、時代と呼ぶにはあまりにささやかな時間を越える、そんな強さと淋しさの匂いを吹き込んだつもりだ。それは救いとか希望に似たものではないかもしれないけれど、不思議な存在感を持って僕を照らす光だ。誰かにとって、そういった何かになってくれれば。それが届けられなかった歌に残された願いだ。
そんなふうに、僕個人の願いの向こう側に歌と共に立って、今を認めて、少し佇んだら、すべてが終わったその先に向かうんだろうなぁという、少し眩しいような気持ちも、「after all」という名前をつけたとき、心の底にあったように今は思う。

昔から物語をよく読んだけれど、最近は更にたくさんの物語を読んでいる。たくさんの主人公の生きる姿を目の当たりにして今強く思うことは、当たり前だけれど、人は誰もが自分の人生を生きるのだということ。誰かに取り込まれたいと願うこともある。だけど結局、自分を生きるしかない。そして自分自身の物語を描くのだ。
「結局」という言葉を、いつのまにか僕も使うようになった。若かった頃、若い自分はまだ「結局」などと言ってはいけないと、僕はねじれた潔癖さで拘りを守っていた。今僕は軽やかに(ひょっとしたら軽率にと言うべきかもしれない)、その言葉を使い始めている。まだわからないことばかりだけれど、何かに結論をつける場面が増えてきている。すべての事柄を留保して持て余していられたらそれは素敵なことだけれど、残された人生はそれほど長くはないと感じているからだと思う。大人になるというのは、ある意味でそういうことなのかもしれない。いつのまにか僕はもうその潔癖ささえ、何事もなかったようにどこかの針金のフェンスに結びつけてきてしまったのだ。
「after all = 結局」。青春が終わった僕は、たぶんもう大人なのだ。大人であるべきなのだ。青春なんて言葉、本当はどうでもいいのだけれど。

あと余談ですが「after all」というタイトルにはもう一つ狙いがあって、次のアルバムへの布石になるものだったりもします。いつ出来るかわからないけれど、もう決めてる。


そういうわけで、発売を楽しみにしていて頂ければ幸いです。レコ発のご予約、お待ちしてますね。
少しずつ、アルバムに関係する色んなことをお知らせしていきますので、気にしていてくれたら嬉しいです。


進藤宏希
スポンサーサイト

2019.01.16 Wed

その人のことを本当に愛するなら、自分のことも愛してやろう。その人が出会ったうちの一人が僕なのだから。自分の中のその人を愛するように。愛するその人に報いるように、愛するその人をもっと愛するように。
そんなふうにちょっと思う。

2019.01.11 Fri

地平線の方、北側にある町の向こうに山が見えた気がした。何山だろう。小さめの富士山に似ている気がした。
朝の大高駅のホームで頼りない日の光を浴びて、普通電車に乗り込む。今日は寒さが少しましみたいだ。
昨日買った村田沙耶香の「コンビニ人間」にまだそこまでのめり込めないのは、おととい読んだ燃え殻の「ボクたちはみんな大人になれなかった」が心の中でまだ動き続けているからだ。燃え殻さんは最後、「ありがとう。さようなら」と言った。本当にさようならを言えたんだろうか。
そんなようなことを、少し息苦しい胸で考えながら「コンビニ人間」を開く。
すぐに刈谷駅に着き、電車を降りる。物語の中に入り込んでいると、15分など本当にあっという間に過ぎる。
コンビニ人間面白いな。ありそうもないことを淡々と描かれているのが心地良い。こんなこともあるのかもしれないなという気になってくる。
駅の改札を出て歩きながら、ふいにこれからの生活のことを考える。長男はこれまで育った町を離れることを、心細く思うだろう。彼の気持ちになって考えてみようとする。次に、親として彼の人生のことを考える。理不尽に振り回されること以上に、楽しく色々なことを経験させてやりたい。また次の町に移るとき、楽しいことが待っていると思わせてもやりたい。
次男には健康にすくすく育ってもらいたい。今はそれだけかな。もちろんかみさんもセットで、家族四人でたくさん遊びたいな。
そろそろ本当に、ライフスタイルというものを描いていかないといけない。溺れないように、いつもそれなりに必死に流れているから、違う流れに乗ろうとは、意識しないと思わない。自分は、このままでいいのかと問い続けるタイプだろう。だったらどうせなら次を見たい。人生はそんなに長くはないのだ。愛を込めて。
歳を取ると愛という言葉に安易にたどり着きがちだ(僕だけ?)。でも、他に何がある?大切なものなんて。
歌と物語、家族、宇宙や歴史、それにビール。

2018.12.20 Thu ブログとツイッターとサックと言霊の話

30代も中間地点を過ぎたけど、140文字には収められない心の機微が、今でも時折ではあるが確かに訪れる日々の中で、それでもなんとなくブログを書く気力みたいなものがあまり立ち上がらないでいる。
たぶん考えるべきことを多く抱えているからで(あとは暇さえあれば本を読みたかったりもする)、ブログよりも必要に駆られたものごとに脳のキャパシティを割きたいということだと思う。それはある意味で健全なこと、喜ばしいことだ。
だけど文章を書くことは僕にとって心を整える一つの重要な作業でもあって、時々どうしてもそうすることが必要になる時がある。

それにこんなブログでも、どうやら読んでくれている人がいる。ありがたい。
僕はツイッターをやっている。やっているも言ってもだいたいがタイムラインを眺めて面白いコンテンツを物色しているだけで、自分から発信することはそんなにないのだけれど。だけど最近少し思うところあって、意識的に呟くようにしている。目的はそれじゃなかったけど、呟くと人と繋がるんだなということを改めて少しの驚きをもって感じている。
ブログを読んでくれている人がツイッターをやっていないかどうかはわからないけれど、ひょっとしたらこのブログからしか僕の生存確認ができない人もいるかもしれない。

そんなわけでブログも引き続き大事にしていきたい。何の話やねん。

一つお知らせです。
年末の大阪の一大イベント「SUCK」に、ありがたいことに今年も呼んでもらいました。休止中やけど一晩だけ活動再開します。

◼️2018年12月30日(日) 大阪 南堀江SOCORE FACTORY
『SUCK THE 2018』
18:00 start, adv/door: TBA
出演: FIGHT CLUB/シゼンカイノオキテ/nihon alps/雨市/than/juhachiban/立てる/jabberwocky/THE SUNSHINE/DOLOTHY/猫ジャンキー/恋する鯨/らせん/ラウンドヘッド/ハンバーグオムレツ/ガリザベン/わたなべよしくに/重田拓成/黒木サトシ/オガサワラヒロユキ/進藤宏希/naonari ueda/礒野聖矢/テコ/加藤英幸/山添ヒロカズ

出演者書き上げるの疲れた!
よかったら、是非観に来てください!今年最後の祭りなので。料金がTBAになってるのが解せないですが(笑)、法外な金額は取られないはず。絶対楽しいし、僕もこれまでにない尖り方していきます。


冒頭、心の機微について書いたけど、例えば体の不調がもたらす心境の変化みたいなものもたまにあったりするねんな。こういうのは全然ありがたくない。でもどこかに光明を探そうとする自分は恵まれているのだろうと思う。
言霊の存在を肌で感じる。呪いにならない、染みにならない、生や光の匂いのする言葉を並べておきたい。

2018.11.09 Fri 特別大サービスだった

次男が産まれたその夜、僕と長男は産婦人科で妻の出産に立ち会った。

その産婦人科では、畳の座敷に布団を敷いてお産ができる。お産は夜中だったから、まだ三歳の長男は陣痛に耐える妻の隣で寝息をたてて寝ていた。
二人目だったこともあり、お産はスムーズだった。最初で最後の大きな波に乗って、次男は外の世界に出てきた。次男がへその緒で繋がったままの母の胸に抱かれたときに、長男は目を覚ました。そこから一部始終、静かに見つめていた。

朝四時頃、長男と二人で帰った自宅の駐車場で、空を見上げた長男が歓声を上げた。
「おほしさまが いーーっぱい!」
「これは はじめてやな」
実際にはもっとたくさんの星を、彼は見たことがある。奈良の天川村や、長野の開田高原で。でも本当に、その日は都会とは思えないほど、驚くほどの星が出ていた。明け方だから空気が澄んでいたのもあったのだろう。
「とくべつ だいさーびすやな」
得意げに話す長男が可笑しくて、愛しくて、僕は笑った。そんな言葉どこで覚えてん。

うちに帰って、二人でくっついて寝た。