FC2ブログ

DIARY

2019.10.18 Fri そのとき

10月も半ばを過ぎたということは、「2019」というこの未来的な響きを持つ一年も既に終盤に差し掛かったということだ。ほんとはまだ2016年ぐらいなんじゃないかな。感覚はそんなもので、時間の速さに置いて行かれて久しい。
ただ、ある感覚は加速して、逆に時間を追い抜いたような気もしている。それはここ一、二年の話。
なんとなく、どこかしら、「そのとき」はまだ来ていないというような気分で生きてはいないか。いつか何かが大きく変わる、決定的な瞬間が訪れる。曇りのない幸せの日々が未来で首を長くして待っている。
今では僕はむしろこんなふうに思っている。僕にとっての「そのとき」は、もう過ぎてしまった。
目を閉じればあの日々が蘇る。それは表面上は決して幸せな日々ではなかった。僕はいつも苦しみ、のたうちまわっていた。だけど今思えばあの日々に、人生の輝きが凝縮されていたように思う。具体的な話は割愛する。
「そのとき」がもう過ぎてしまったからといって、「今ひとたびのみゆき待たなむ」じゃないけれど、輝かしい日々の再来を待ち望んだり、過ぎ去った青春を懐かしむだけの惰性の毎日を送っているわけではなく、気持ちは前向きだ。
ある精神はあの日々に置いて来てしまった気がする。そしてそれは確かに僕の人生においてとても大事なものだったようにも感じる。だけどあの瑞々しい感情とはまた別の不思議な感覚の萌芽を自分の中に感じる。
命は有限だ。だけどある意味では無限だ。意識の世界は自由だ。人生のあらゆる可能性は、本当は今でも開かれている。遅ればせながら希望を産み出したい。僕にとって、そして僕が愛する人たちにとって。そんな心持ちで生きていこうとしている。
感受性は損なわれ続けている。僕はもう十分に大人で、運ばれることではなく熟慮し選ぶことを求められている。

人生の話だ。話題を音楽に替える。
2019年の秋ということは、弾き語りでライブ活動を始めて10年経ったということだ。おめでとう私。
先日実家に帰った際、「パジャマ・アルバム」を見つけた。一人で音楽活動をしようと決めた2009年の春に、MTRで宅録した進藤宏希の最初の音源だ。
バンドがもう出来なくなって途方に暮れた。一人で活動するにも、何をどんなふうにしたらいいんだろう。難しく考えるより当時の僕は、頭の中にある音像を思うように形にしてみたかった。とても真っ直ぐで強い欲求に素直に従って、腰の重い僕らしからぬ瞬発力で創作に取りかかった。限られた楽器と機材と知識。救いようもなく拙い作業だったに違いない。それでも想像力には際限がなかった。それは、僕にとって初めて本当にわがままに自分の創造力に向き合った期間だった。夢のように楽しかったな。
今聴いてみて、やっぱりこれが一番すきかも、とすらちょっと思う。あと音楽的には、この10年で何も進歩してないんだなとも思った(表現力は多少進歩したと思う)
あの秋、「パジャマ・アルバム」を名刺代わりにしながら、26歳の僕はギター一本でライブハウスに立つようになった。
ソロで活動し出して一年半ぐらいで、新しい音源「僕の過不足」を出した。それから「旅立ちのうた」「after all」と出してきて、ある意味でだんだん「パジャマ・アルバム」に戻ってきてるような気がする。
いつか本当に「パジャマ・アルバム」の続きを作りたいと思うし、次の作品はもうその気持ちが表に出てしまうかもしれない。

10年前。あの頃から僕の人生はたくさんの音を放ちながらある意味で急速に壊れていった。壊れたガラクタを身にまとい、傷ついて、そうして僕はやがて醜い本当の自分を知ることになる。思えばそれはまるで産道をもう一度抜けるように苦しい歩みだった。だけど心に突き刺さったいくつかのガラクタは美しかった。
僕は今少しずつ、身にまとったものを脱いでいっている。

具体的な話は割愛する。いつのまにか人生の話に戻ってしまった。
スポンサーサイト



2019.10.02 Wed

秋は自分にとって重要な季節だ。
夏と春と、冬と同じぐらい。はぐらかしているわけではなく、本当にそうなのだけど、いや、秋はある意味で自分にとって他の季節以上に重要な季節なのだ。
人生における転機はほとんどいつも秋だった。バンドを始めたのも、弾き語りで活動を始めたのも、題名のない文化祭を観に行ったのも、恋愛におけるいくつかの転機(おもに別れ)も、みんな秋だった。
秋の情景が記憶に残るのは、秋はどこか終わりを想起させる季節だからかもしれない。もうすぐ僕らはこの頼りない日差しすら取り上げられて、束の間の長い冬に取り囲まれる。僕らは思い残したことのないように、最後の日差しを頼りに、ささやかな夢を実現させるためのヒントを得るために都会へ出かけたり、冬を越すための暖かい思い出と紅葉を拾うために野に出たり、愛を告白しようとしたりする。
金木犀が咲いたら、もうお終いが近い。「お別れしたくない」という気持ちこそが、人生で一番尊いものではなかったか、そんなふうにも思う。
日が暮れた道路沿いをとぼとぼ歩く。僕の胸には淋しくて暖かいものが充満している。

2019.04.08 Mon 「星に似ている」PV撮影秘話

いよいよ一週間後、4/15に発売の新譜『after all』から一曲、『星に似ている』のPVが公開になりました!!

進藤宏希 - 星に似ている

せっかくのPVなんで、撮影時の思い出を語ります。

2月17日、阪急夙川駅前で彼と待ち合わせ☆にこやかに現れ閑静な住宅街に素敵な異物感を持ち込んだアフロ・長身の彼が今日の監督☆
安井淳その人だった。

僕の運転する車で我々は一路西へ。車の中で、当時ミックス最終段階だった安井さんの所属する僕の大好きなバンド「ニーユ」の音源を聴かせてもらう。興奮で鳥肌が立ちハンドルを持つ手は震え、感動に視界はぼやけた。終始危険なドライブとなった。

ロケ地は僕の大好きな淡路島にした。
元々はNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のラストシーンも撮影された「花さじき」で撮影しようと思っていたけれど、入念な下見の結果、ここではアカンということになった。
夕闇迫る島内を、宿泊地である「東浦サンパーク」なる合宿所へ向かって走る。どこで撮影したらええねん…言葉には出さずとも最早ハッキリと絶望した二人を乗せて、車は走った。撮影場所も内容も決まらず宿泊て、ほんまにただの旅行やん
そんな中我々が偶然に出会ったのが、今回の撮影地である。どんな場所かは、実際にPVを観て確認されたい。
天から降って来た僥倖で暁光であった。私は自らの普段の行いの良さを思わずにはいられなかった。

撮影内容がほぼ決まり、ルンルンで合宿所に宿泊☆晩御飯は近所の中華屋でテイクアウトした中華と、乾き物☆
温泉の露天風呂で安井さんと語り合った時間は、なんか人生において大事な一瞬やった。

翌朝、まだ暗いうちに合宿所を出発。ロケ地にて、暗いうちは準備がままならぬ、しかし日が昇っては時間切れという状況の中、酒の残った頭と体で必死で一発録りに挑む。
演技をしている余裕は皆無で、だから素の僕が映った。

合計3テイク。2テイク目でがっつり写り込んできたおばちゃん。撮影終わって帰りかけの時、写真撮らせてくださいっつって安井さんと僕を被写体にして写真撮ってったご満悦やったおばちゃん。めっちゃKYやったな。アクセントありがとうございました。
ラストチャンスの3テイク目で全力投球した記録が今回のPVです。

色々葛藤もしたけど、この作品をとても気に入ってる。
そして「星に似ている」だけじゃなく、大切な曲が16曲も入っている新アルバム「after all」を、一人でも多くの人に聴いてもらいたいな。
レコ発で、お待ちしてします。

-------------------------
◾️4/15(月)扇町para-dice
para-dice10周年
進藤宏希レコ発ワンマン
『before after all』
19:30/20:00 ¥2000(+1drink)
-------------------------

2019.03.25 Mon after all全曲語り(16) 月光讃歌

十六曲目は「月光讃歌」です。
この曲で最後。新アルバム「after all」全曲語り、始めた日が遠い昔のように思われます。十六日前やから、確かに半月以上は前なんですね。

さて月光讃歌。出来た日は2013年7月22日です。
語り過ぎたらいけないと思うのだけど、少しだけ。

私を見て、私を見てと、月は言わないだろう。むしろ岩と砂の塊である自分が、太陽の光を反射して美しく光り輝いていることなど知る由もない、想像すらしていないだろう。
月は己の光を知らないから美しいのだ。
謙虚になれ。多くを求めるな。他人ではなく自分に求めよ。

アピールばかりの現代社会に疲れた。
月の光を浴びたら素直になった。
わかってくれない人を責めるのはよそう。きりがないし甲斐がない。
わかって欲しがり過ぎるのはやめよう。底が知れる。
ただ一燈に頼んで真っ直ぐに歩もう。外側ばかりでは空虚だ。内側を豊かにしよう。

そういうことを思っていた。主に自分に。そして目に余った人に。
そういう気持ちがこぼれてしまったのがこの曲だと思う。もちろん、作ったときはそんなことをメッセージとして意識していたわけではない。ただメロディと共にこぼれ落ちる言葉を繋ぎとめただけだ。

当時、人ばかりにでなく、自然や精霊に捧げる歌をもっとたくさん歌いたいという気持ちになっていたことも、この曲の色調に影響を与えたと思う。
穏やかな曲調に反して、字にして詞を読むと意外なほど厳しい。
今の気分は当時とは違っているけれど、月がクッションになり今でも歌える。というか、月が支点になって振り子のように当時に戻るものがある。
思えば月とはそういう存在だ。立ち止まって仰ぎ見たとき、子どもの頃と今とで、月と僕の関係性は変わらない。

色々書いたけれど、聴いてみればわかるとおり、小さな歌です。小さな歌でアルバムを終えたかった。
通り一遍ではない多彩なテーマの曲を盛り込んだつもりのアルバムだけど、その中でもこの曲だけ、決定的に向いている方向が違うように聴こえるかもしれない。一人称の存在感が、アルバムの中で特異な感じがする。
だけど自分の中では繋がっている。繋がっている景色とモチーフがある。
このアルバムは僕のプロフィールみたいなものだ。月の夜にぽつんと座って歌っている。そんな姿が最後必要だったのだ。

- - - - - - - -
【月光讃歌】

求めるな ただ与えよ
そしてけして驕るな

磨くのだ 一心に無心に
己が心を磨くのだ

月を見ろ あれはたぶん
己が光を知らぬのだ

月を見ろ 月になれ
己が光は見えぬのだ

2019.03.24 Sun after all全曲(15) 雨がやんだら

十五曲目は「雨がやんだら」です。

出来た日は2015年の8月4日。
子どもが産まれて、それでもまだ大人になれない自分に苛立ち、息が詰まって、外の空気を吸いに出た夏の夕方。ドアを開けたら虹が待っていた。

大好きだった祖母は、亡くなる直前の夕方、空に大きな虹をつくった。
祖母は一言で言うと、「強い人」だった。戦後、満州から娘たちの手を引いて命懸けで帰国し、混乱の中を生き抜いた。
生前祖母は、いっとう可愛がっていた僕の妹にいつかこんなことを言った。
「強くならなきゃだめよ。強い者が勝つんだから、人生は」

強さって何だろう。僕にはずっとわからなかった。だけど本当の優しさは強さの先にしかないということは、なんとなくわかってきた。そして強さの始まりは弱さを認めることだと。

もう、逃げるわけにはいかないから。地に足つけてしっかり歩くから。
ばあちゃんに会いたいと、せめてどこかから見ていてほしい。
踏み出すことの悲しみが胸をとらえても、新しい自分から目を背けずに、ちゃんと歩くから。

- - - - - - - - - - -
【雨がやんだら】

僕が歩くのは 茨の道でも高い山でもなくて
どちらかと言えばとても平坦な道だ

それでも時々 立ち止まる弱さ
悟ったふりをするな 汗に濡れた今を見ろ
宇宙に逃げるな

夢を持ち替える日々
夏の恋のように
楽しくなるほどすぐ 淋しさに変わる僕らの日々


頬に貼りつけたまま 街灯のオレンジ
忘れられた記憶を手探る世界のどこかで
あなたが生きてるような気がして

雨はやんだかい 虹は見えたかい
こちらはまだ遠い夕立の中

名前はつけてあげられないけど
一歩ずつ零れた涙も僕だった